弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

黙る練習

「この絵が被災者のシンボルになれば」
あ~あ、叩かれるんだろうなぁ、工藤静香も。

シンボルに

政治家や芸能人ってのはやっぱり、
喋る練習や勉強をしっかりやっているんだろうとは思う。
それが仕事みたいな部分もあるしね。

でもだからこそ、政治家や芸能人は、

黙る練習もしっかりやるべきだと思う。

「神のみぞ知る」とか「神がくれた天災」とかは、
黙る黙らない以前にもうどうしようもない発言だが、
政治家や芸能人は、公に露出している身であるのだから、
自分がどういうタイプなのかを客観的に見るスキルが必要になってくるのだ。

例えばユニクロの社長やジャパネットタカタの社長。
こういった人達は、自分が「○○億募金した」と発言することに意味があるとわかっているのだろう。
「黙ってできないのか」と叩くのは筋違い、というのが個人的な意見だ。

逆に、やってるのかやってないのかは知らないが、例えやってるとしても言わないのが、ビートたけしやタモリだろう。

「歌う事しかできませんが」「絵を描く事しかできませんが」
これらは完全に、後者だ。
「○○しかできない」とわざわざ宣言するというのは何アピールだ。

何が言いたいのかと言うと、

「千羽鶴いらない」ってこれだけ騒がれている中、
被災地に素人丸出しのヘタウマな馬鹿でかい絵を送りつける。

千羽鶴<自分の絵 と思ってしまったあたり、
結局は工藤静香もたかが知れていた、というか、
「地方の商店街に新しくできた、インド式マッサージ店の看板」みたいなこのカス絵を「復興のシンボルに」って、どんだけ自分に自信あるんだよ、というか、

この絵の絵葉書を作って売って、それを寄付するらしいが、
チャリティーを大義名分にしての宣伝はもういいですという次第。

カズのゴールに感動はしても、工藤静香の絵に感動はできない。


ついでに言うと、絵葉書買うくらいならその金募金するわ。
自分は政治家でも芸能人でもないから、黙る練習などしない。
はん。
スポンサーサイト
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

ナノユニバース

天体望遠鏡の話を書いたが、そもそもは顕微鏡を作りたかったのだ。

それも、昔のライツ社(現ライカ)とかの古めかしいやつ。

原理を理解して、レンズさえありゃ、
胴体なんてプリングルスの筒でも何でもできるんだけどさ。

そこはほら、ね、そんな自作サイトなんて溢れてるわけでさ、
いやいや、顕示欲の為に物作りをしているわけではないんだけどさ、
それでもすでに出回っている情報よりは、なるべく稀少な

カッコイイんだよ、古い顕微鏡。
ライツ
で、顕微鏡作る参考にする為に、顕微鏡買いました。
ねえ。
こんなことばっかりやってるんですよ。

いや、しかし、顕微鏡を覗いて見える世界は抜群に面白い。
ミジンコやらタマネギの皮という代表的な例だって、
普段目に見えない世界も、実は当たり前に存在していて、
その世界を改めて目視した時のショックといったら、
ええい、見ればわかる。
ナノユニバース1ナノユニバース2

どうよコレ。原始の地球みたいな雰囲気じゃないか。
顕微鏡の画像なんだぜ。

更に極めつけがコレ↓だ。

ナノユニバース3

完全に文明が開化している。

さすがに自作顕微鏡でこのレベルは無理だが、
どうにもワクワクするだろう?

そうでもない?あ、そ。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

妄想クレーマー

「これはミスプリントではないか?」「交換してほしい」
という問い合わせが殺到したという、湘南国際マラソンのTシャツ。

湘南国際マラソン

今の流れなら言える。

コレはワタクシも電話するね、「インクが滲んでます」って。
「せっかくの記念品に、プリントゴッコはないんじゃないですか?」とか。

「こういうデザインです」って開き直られたら、

・デザイナーは誰か
・最終的にGoサインを出したのは誰か
・このデザインに決定した主な理由は何か
・そう言うあなた自身はこのデザインをどう思うのか
・自分はとてもできないが、あなたはコレを着て外出できますか?

等、問い詰めようと思う。

ウソですよ。妄想ですよ。

マラソン走ってもいないのに、そういう事ばっか妄想するんです。
4.2195kmくらいなら走ってやらんこともない、とか。


このTシャツのガラを一目見た時から、ブログでおちょくってやろうとずっと思ってたんだけど、なかなかタイミングがなくて。

いまさらおちょくってみたけど、おちょくりきれなかった次第。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

オブラートはオランダ語

まただよハゲが。

バンドソーの刃がまた破断した。
新しい刃に変えてから3回くらいしか使ってないぞ。
これは、アレだろ、刃の方に問題があったんだろ、きっと。

いや、切ってる時にやけに刃がブレるなぁとは思ってたんだ。
それがいくら調整しても直らないもんだから、
刃のテンションを無理矢理上げて使用してたんだ。

今、原因が垣間見えた気がするが、垣間見えてなどいない。

これは、アレだろ、刃の方に問題があったんだろ、きっと。

ワタクシが使用している刃は、なんか毎回職人が手作りしてるやつで、抜群の切れ味のクセになかなかリーズナブルなのだ。
手作りだから、ちょっとアレだろ、今回のは失敗だったんじゃ。

で、メールしてみた。
「前回購入してから、3回目の使用で破断しました。
 調整は念入りにしていたつもりです。
 材の送り速度も適切でした。
 破断の原因等、アドバイスいただければ幸いです」

要するに、「ちゃんと調整して無理なく使用していたのに、たった3回で破断したぞコノヤロウ」という内容だ。

オブラート3枚重ねくらいの包みようだ。
うまくいけば、タダで新しい刃が送られてく

後日、返信がきた。
「小径のバンドソーは、元々破断しやすいですが、
 更に刃にテンションをかけすぎると、より破断しやすくなるようです。
 注意してください。
 3営業日以内に発送いたします。ご注文、ありがとうございました」
 

ふふん、や、やるじゃないか。
オブラート
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

まだまだ

地震の報道で、色んな事件が影に潜んでしまった。
相撲とか、カンニングとか。でも一番得したのは小向美奈子。

壊れない

やらなきゃなぁ、と思いながらも、ずっとやっていないことがある。
HDDのバックアップだ。

そんな社会的に重要なデータがあるわけではないが、音楽・書籍データと、ギターの製図、ホームページのデータくらいはバックアップしておきたいと常々思っていた。

今HDDがおじゃんになってHPのデータが飛んだら、
もうブログもHPもやめると思う。

そうは思っても、思うだけで、なかなか実行できない。

なんせ今まで、HDDが壊れた事がないからだ。
一度経験しないと、学ばないものだ。
心のどこかで、「オレのHDDはまだ壊れない」と勝手に信じている。

メインが中古のノートPCだから、HDDの寿命的にももう限界かもしれない。
でも、「オレのHDDはまだ壊れない」のだ。

根拠などない。

DVDにバックアップしたって、5年くらいで徐々に消えていくという。
バックアップの為にブルーレイを導入するなど愚の骨頂だ。
1テラのHDDが\7000で買えちゃう時代に、
誰が光ディスクにバックアップなどするものか。

そうなると、HDDのバックアップをHDDにすることになって、
あれ?それってなんか、こう、なんというか、どうにも釈然としないというか、なんだ、その、あれだ、


オレのHDDはまだ壊れない
   21:00 | Trackback:0 | Comment:4 | Top

絵に描いたオチ

潮は満ちて、引いていく。
満ち続けることもないし、引き続けることもない。
満ちたから引くのだし、引いたから満ちるのだ。
出口の無いトンネルはないし、沈んだ太陽は朝陽となってまた昇る。

そういう食い潰されたフレーズを聞く度に思い出すことがある。
波打ち際

そう、あれは忘れもしない、いつだったか。
会社の人達数人で連れ立って夜釣りに行った事があった。

その釣り場は普通の漁港なのだが、近くにコンビニはない。
つまりトイレ(特に大のほう)には十分に気を付けなければならないのだが、到着して早々に「大が出る」と言い出した人がいた。
なぜ最後のコンビニでやっとかなかったんだとか、ありとあらゆる非難を浴びた彼であったが、車内にあったウェットティッシュを持って忽然と消えてしまった。

ああ、この歳で野グソはしたくないな、と内心で呟いたワタクシであったが、彼にとって時は一刻を争ったのだろう。

清々しい表情で戻ってきた彼に聞くと、どうも漁港の裏が小さな砂浜になっていて、大自然を感じながらの脱糞であったという。

「ちゃんと波打ち際ギリギリにしてきたから、大丈夫」

彼は誇らしげにそう付け加えた。

そういう問題じゃないだろ、とその場にいた全員で突っ込んだのだが、
よくよく突き詰めて考えてみると、そういう問題だった、みたいな。

そういう問題じゃないと突っ込んだが、
よく考えるとそういう問題だった。


このフレーズが気に入っただけです。

釣りしてたらそのブツが流れてきて未曾有のパニックになった、とかいう絵に描いたようなオチは用意していませんよ、あしからず。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

傷口に塩

仁科亜季子の娘の松方っぷりがスゴイ。
図らずもがな、松方弘樹の売名にもなっていると思う。
そう思って見ると、もう娘が松方弘樹にしか見えなくなってきた。

カノッサの屈辱

ワタクシの推察は以下に記す。

おそらく、一戦目がガチンコ、真剣勝負なのだ。
この一戦目に勝つためだけに神経を集中するのだ。
言い換えれば、この一戦目に勝たなければ何の意味もない。

この一戦目に負けた側は、さぞ悔しいだろうと思う。
きっとたくさん練習したりしてきたんだろう。
全力でぶつかったが、負けてしまった。
そんな、泣きたいほど悔しい心情のまま、残酷にも二戦目が始まるのだ。
しかも、一戦目で自分に勝った相手が、二戦目では「わざと」負けてくれる。

なんという屈辱か。

恥の上塗りとか、傷口に塩を塗るとか、思い浮かぶ慣用句が凄惨だ。

逆に、一戦目に勝った側の優越感は倍以上だ。
心からの笑顔で「負けてやれる」だろう。
もしかしたら二戦目の前に相手に、「どんな勝ち方したい?」とかわざと聞きに行くイヤミなやつとかいるかもしれない。

美談にケチつけたいわけじゃなくて、ただの推察ですよ。
実際どうなの?島根県民。

なんだかんだで、ACのCMも慣れれば、楽しんで突っ込めるよね。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

第一印象とブラウザ

第一印象が大切だっていうのは、みんなわかっていることだと思う。
そういう意味で、数年前に流行ったモンクレールのダウンジャケットはダメだった。

第一印象が肉襦袢だったからね。

で、ここ最近はユニクロの薄手のダウンジャケットが流行ってるみたいだが、

第一印象がゴミ袋だったからね。

どっちも買ってないよ。
流行ってるから買わない、なんていう塩辛い理由じゃないんだ。


それを踏まえて。

GoogleクロームのCMは第一印象が最悪だったので、
一度も試していないんだけど、Googleクロームはもう使わないだろうと思う。

スカイダイビングとパラパラ漫画、両方見たけれど、
内容だけで言うと、欽ちゃんの仮装大賞レベルだよね。

素人が頑張ったんだなぁ、みたいな。
大学の文化祭の映像作品というか。
そういうエスプリ。


FireFoxは実際にインストールして試してみたけど、
やっぱり今のブラウザ(Sleipnir)が自分には一番合っていると思う。

ブラウザの善し悪しに関しては、自分に合う、っていうのが唯一の解。

だってほら、SafariとかIEとかを好きで使ってる人もいるんだからさ。

ブラウザ
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

山の次

山ガールの次は釣りガールだとさ。
女性の喫煙率が上昇しているのと同じで、「強い女性」という時代背景の中、これまでは男性の趣味だったジャンルに「どれどれ」なんて触手を伸ばしてきているのが現状だと推察。

やれやれとは思うが、別に怒ったりはしませんよ。
「ニワカが釣り場荒らしてんじゃねーよ」という声もあるようだが、
おそらく釣りというジャンルは根本的に女性に向いていない類のものなので、
例え本当に流行ったとしても、ごく短期間で雲散霧消してしまうと思うんだ。
釣りガール
まずもって生き餌というのが、最初にして最大の難関となろう。
例えそこをルアーというガジェットを用いて補ったとしても、
女性にはトイレの問題が常について回ることになる。
つまり、近くにトイレのあるスポットへ行くか、
もしくは短時間で楽しめる釣りということになろう。
ここで大多数は篩にかけられることになる。

さらに生き餌と違ってルアーは、圧倒的に夜釣りが効率的であるという点。
休日の昼間に彼氏といちゃいちゃルアーフィッシング、なんてのを夢見ても、
釣果の方はまったく芳しくないはずだ。

魚の生態を知り尽くし、卓越した技術を持つアングラーならば昼間でも問題なく釣れるかもしれないが、昨日今日釣り始めたばっかりのニワカギャルがどうして釣れよう。

こういうニワカギャルはきっと数釣りを楽しみたいはずなのだ。
何日もかけて釣り場に通い、ターゲットである1匹を引きずり出す、なんてストイックな釣りはしないだろう。
もう釣り堀へ行くか、乗合船に乗り込むか、でもほら、これなら釣り場は荒らされない。

その他に、休日の昼間に素人が短時間で数釣りできる釣りって何か?

サビキでアジかサバだよね。

もう休日にお父さんが子供連れて行くレジャーと変わらないレベルだ。
釣りガール=親子レジャーという等式が成り立った。
休日の昼間に、波止場にたくさん撒き餌して帰ってくれるんだぜ。
夜がきたら、そこにメバルやカサゴを狙いに行くんだ。

な?もう腹立たないだろ?
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

淘汰されるオス

ひどい夢を見た。

セメンヤさん

最近ちらほら聞こえてくるようになったのが、
「メスのみで繁殖できる生物」の話題。

カタツムリみたいな両性具有とはちょっとニュアンスが違い、
基本的には生態はメスで、生殖に関してのみ、オスが必要ないのだという。

そもそもオスの遺伝子ってのはメスのそれに比べてまったく進化していない、という話があるが、やはりこの「繁殖にオスが必要ない」というのは、やはりメス遺伝子の進化なのだろう。

素人考察ですよ。

どっかに生息するトカゲだかイグアナだか忘れたが、
通常はメスだけでどんどん増えていくのだが、
自然災害とか、そういう危機的状況にだけオスが生まれてきて、
通常より繁殖力を増して窮地を凌ぐ、という話を聞いた。

人間もやがてはそういう方向に進むのだろう、と思う。
最近囁かれている「強い女性」であったり、
「男→女」が「女→男」よりも圧倒的に多かったり。

親知らずがそもそも生えていない、という子供が増えているらしいが、これを進化と捉えるのならば、楽しんごやクリス松村、はるな愛は進化の最先端であると言えまいか。

オスが淘汰される日は近い。
オスは貴重になり、守るべき存在として、男性専用車両なんかが登場するんだ。


いや、悪夢の内容が、「楽しんごに追われる」という、想像を絶するものだったのでつい。
バタフライで追いかけられたんだぞ。あの目で。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

日本三大珍味が一つ

FireBirdは指板製作も順調に進み、いよいよ楽しいインレイの工程。
指板インレイは、FireBirdに何の脈絡もない、植物デザインに決定。
ヘッドはスペースが狭いので、指板でインレイを堪能するのだ。

と言っても、集中力は長くは続かないタチなので、定期的に息抜きを挟むことになる。

たまにPSPで2シリーズ前の古いモンハンやったりするが、
息抜きの主は、クラフトの合間にクラフトを挟むのが常である。

最近は驚異の部屋関係の工作がノルマで控えているので、そっちを消化している。
飾り台に付ける真鍮のネームプレートを作ったり。
(買うと高いんだ、デッドストック品とかだから)

そんな中、旋盤回して最近作ったのが、

雲丹

雲丹。

正確にはウニの殻を飾る台。
殻キレイだな、オイ。

驚異の部屋では、珊瑚やヒトデ、ウニ等の海産物(?)も展示されている。
無駄に豪華な飾台付きで。
今回はそれをマネしてみた次第だ。

ちなみにただのパイン集成材にオイル塗料で色付けただけですよ。
ウニの殻はあと6つもあるので、息抜きノルマでぼちぼち作る。

今回わかったのは、
素人でも旋盤使えばそこそこ見られる飾台ができる、ということ。
デザインとか特に何も考えず、ぶっつけ本番、アドリブで削っていっただけ。

そう言わなきゃ、そう見えないでしょ?
でしょ?
きっとあのサティスファクションもこうやって完成したんだ。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

まいれ

理系的には、水蒸気のことを「煙」と言い続けるマスコミが許せない。

エアープランツ

自分は動物好きであるという自覚があるが、
ウチの嫁はそれ以上かもしれない。

しかも畑正憲のような押しつけがましい動物愛ではないところに好感が持てる。


しかし。
植物に対する愛情のかけ方が、動物のそれに比べて落差が激しい。

基本的に、庭の草木に水をやるのはワタクシだ。
毎日やるのが普通だと思うが、嫁はそうではない。

夏は「日中に水をやると茹だる」という意味不明の持論を展開し、
冬は冬で「冬だからそんなに水いらない」という意味不明の(ry

そんなこんなでワタクシが仕事の都合なんかで水やりできないと、
あっという間に2、3日水やってない状態になってしまう。

去年はこれでオリーブが一本枯れてしまった。

これでもイマイチ彼女の恐ろしさが伝わっていないと思う。
そこで、これが極めつけ。

なんと彼女、

エアープランツを枯らしたことがある

どうだ、まいったか。
砂漠で自生し、空気中の水分を吸って生きるエアープランツ。

枯らす方が難しいと思うのはワタクシだけか。

どうだ、まいったか。
   22:51 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

唯一の救い

香川県から被災地に支援に行っていた救助隊や医療関係者が帰ってきた。
と、ニュースでやっていた。

で、県庁だかどっかに、報告に行くわけだ。
貼り付けたような笑顔の知事と握手したりなんかする、あのパフォーマンスだ。
やれやれ、と思いながらも見ていた。

帰還した救助隊員らを、県庁入口で迎える職員たち。
花道の左右にズラリと並び、拍手や歓声で迎える。
職員ども、どいつもこいつも、なぜか満面の笑みだ。
「おかえりなさぁ~い!!」とか言ってはしゃいでる。
それとは対照的な、救助隊員の神妙な表情が印象的だった。

極めつけは、ハイタッチだ。
県庁に入ろうとする救助隊員に向かって、
職員が左右からハイタッチの手を差し出すのだ。

それをことごとく無視する救助隊員たち。
その目には怒りすら浮かんでいる(ように見えた)。

コイツラはいったい何を浮かれているんだろう。
ただその一言に尽きる。

実際に被災地を目の当たりにし、ごくごく短期間しか滞在を許されなかった救助隊員の無念といったらなかっただろうと思う。

それをハイタッチで迎えようとする県職員の無神経さ。
唯一の救いは、救助隊員がそれを全て無視してくれたことか。

iPadやiPhone発売日の、アップルストアでの店員とのハイタッチと同レベルの気持ち悪さだったよ。

気持ちが悪い
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

金目鯛

仕方ないのかもしれないが、ACのCMをこれだけ見せられると、大多数の人はさすがにウンザリするんじゃなかろうか。
今この状況で、「生物多様性について考えよう」とか言われてもね。

やはり「ポ・ポ・ポ・ポ~ン♪」にイラッとする人が多いのだろうが、個人的に最もイラつくのは「知層」のやつだ。
「知層」→「地層」→「地震」を想定して不謹慎だ、なんて訳の分からない言いがかりをつけたいわけではない。

CM中、画面の隅っこに小さく

※その人の知識や知恵の層、という意味の言葉です

とか解説してあるのがもうたまらなくなるのだ。

未知の海域で深海魚を追う!というのに、
※地元漁協の了承を得て撮影しています。

未踏の地、謎の無人島を捜索する!というのに、
※土地管理者の了承を得て撮影しています。

恥ずかしくて見ていられなくなる。

本を読めば知層になる、というのはまあ分からないでもないが、
読む本によっては「恥層」とか「痴層」になってしまうんじゃなかろうか。

しかし最も気になるのは、CM中の積み上げた本の中にある一冊。

「金目鯛」

なんだよその本。

これがホントの「馳走」ってか?バカヤロウ。

金目鯛

これがホントの「馳走」ってか?バカヤロウ。

ちょっとうまいこと言った気がしているので、2回言いましたよ。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:3 | Top

発見器

いろんな有名人がツイッターで失言しまくっている。
ツイッターをして「アホ発見器」とは、いやはや、絶妙だ。

漁港

魚好きの人に言わせれば、サンマほど食べやすい魚はいないと言う。
人間に食べられる為にあの形になったのではないか、とさえ思えるほどのレベルだと言う。

確かに身離れはいい種類だとは思うが、魚全般が得意ではないワタクシからすれば、焼サンマもアジの塩焼きも同レベルだ。

魚食上級者の食べた跡を見ると、それはもうキレイに食べている。
頭の一部と中骨しか残っていないし、皿もほとんど汚れていない。
皮はもちろん、内臓や、ちょっとした小骨は気にせず食べてしまっている。

これにはもう、尊敬を通り越して畏怖すら感じてしまう。

魚が得意ではないワタクシは、内臓は元より、皮はダメだし、小骨もダメだ。
鮭のような分厚い皮はもちろん、アジのような薄いのもダメで、
小骨に関してはイワシのものですら全て取り去りたい衝動に駆られる。

そうやって焼いたサンマを食べるのだ。
食後の皿には、端に積み上げられたちょっと身の付いた皮とか、ささくれた糸屑のような小骨が散乱し、魚臭さを少しでも緩和しようと多めにかけられた醤油が散乱している。

ちょっと凄惨な事件現場みたいだ。


いやね、魚食ってたらね、「小骨発見器」とか言われたからね、
出来心でさ、ちょっと書いてみたんだけどさ。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

前提の話

ヘルメットや防寒着、長靴をしっかり履いてフル装備でロケしてるレポーターと、インタビュー受けてる無防備な被災者とのコントラストがただただウスラ寒い。

帰り際には防寒着や長靴を寄贈したりしてるんだろうか。
ただでさえ邪魔ばっかりしてんだから、
せめてそれくらいはやっててほしいな、マスコミよ。

「やってない」を前提に話をしていますよ。

前提の話

前提の話。

以前、「突然異性になったらどうする?」的な話をしたことがある。

おもむろに服を脱いで鏡の前に立つ、
露出の多い服を着て男性の視線を観察する、
ここにはとても書けないアンナコト、人にはとても言えないコンナコト、

ふと疑問に思ったのが、

どうして「自分は美人になる」という前提で話をするのだろうか

ということ。

自分の今の顔面レベルを引き継いだ異性になるのが自然だろう。
それを踏まえて、同じ事を言える人が何人いるのか。

おもむろに鏡の前に立って顔を見たら、だいぶへこむ。8割方へこむ。

いくら客観的に見ているつもりでも、誰しも自分の顔面レベルを何割かは良いように見ているものだ。

美人妻は3日で見飽きて普通になるが、
美人じゃない妻は見慣れて普通になる。
どちらも普通になるのだ。

大事なのは初見でどうか、ということだが、それは自分にはわからない。
友人知人に「オレを初めて見たときどう思った?」とか聞いても、
おそらくまともな回答は得られないだろう。

もう実際に初見の人に、まさに「はじめまして」のその瞬間に、
「私のことどう見えます?」とか聞くしかない。
うん、これもおそらくまともな回答は得られない気がする。

コレーハーイッターイーナンーノーハナーシーダー。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

酔いと香りの因果関係についての考察

乗り物酔いしやすい人にとっての敵とはもちろん揺れであるが、
そこに芳香剤、化粧品、香水のニオイが加わるとダメだ。本当にダメだ。

なぜあんなアメリカのスーパーマーケットみたいなニオイをわざわざ付けるか。
男性目線で言わせてもらえば、どんな香水を付けている女性より、何もしていない女性が一番いい香りがする。

まあ、女性のオシャレというやつは、異性よりも同性にアピールするのが目的であるので、男性側がいくら言ったところで仕方がないんですけれどね。

香水なんてのは、体臭のキツイ欧米人が、それを隠す為の最終手段で付けてりゃいいんだ。
体臭の薄い日本人に限って、バカみたいに振りかけまくる。
一度、エレベーターの中で「くっせぇ・・・」と本人を前にうっかり声に出してしまったことがあり、その後の空気といったらなかったが、こっちはエレベーターでも酔うのでそれどころじゃなかった。
公共の場でこそわきまえていただきたい。

つけすぎ

体臭で思い出すのは、ドイツへ向かう飛行機の中でのこと。
ワタクシの座席の隣は、推定ロシア人(顔の作りと話す言葉から)のオッサンであった。
そのロシアンは、ワタクシに向かって日本のパンフレットを見せ、
空手の写真を指差しながら「カラテ!ウン、カラテ!l:dvmぴsrj?」とかやかましく言ってくる。

おそらく「カラテの型を見せてくれ」と言っているようなのだが、
問題は、ワタクシは空手などまったくやったことがなかったことではなく、
そのロシアンの体臭がもうそれはそれは凄まじかったことだ。

ただでさえ酔いで気分が悪い中、その体臭にはとても耐えられず、
思わず「やかましいわ!」と声を荒げてしまった。

言葉は通じなかったが気持ちは通じたようで、
ロシアンは肩をすくめて席を立ち、どこかへ行ってしまった。
数分後、他の座席にいた仲間を数人連れて戻ってきたのでちょっと怖かったが、
少し離れた所で談笑しているだけだったので安心した。

いや、それはもう形容しがたい体臭だったので、やっぱりシャワーだけの欧米人のそれはヒドイ、毎日ちゃんと湯船に浸かるというのは大切なことなんだなと、日本の文化に改めて感謝した次第であるが、

今振り返れば、アレはただの

ワキガ

だったのではないかと思いもするが、ま、いいや。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

本音と建て前

この世界には、本音と建て前ってのがある。
思っても、言ってはいけないことってのがある。

株とか投資とかやってる人は、
今回の地震で円売りだのドル買いだの、一儲けたくらんでいるようだが、
黙ってできないのかよ、と思う。
ドヤ顔で「今が売り」とかツイッターでつぶやいたりしてる。

またとある会社の社長は、
「地震の時は絶対売れるんだから、物の値段を吊り上げろ。
 タダで配る企業はバカだろ」
なんてドヤ顔で言ってる。
だからなんでそういうことをさ、
ツイッターとかネットを通して全世界に向けて発信しちゃうわけ?
黙ってろよ。顕示欲しかないのかよハゲが。

そういう重めの話から始まった会話だったが、最終的には、

「ウミガメの産卵って一欠片も感動できないんだけど、
 それは思うだけにして、公に言うべきではない」


という共通の見解で結論とした。

もう公に言ってしまったけどね。

ウミガメ
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

大丈夫

自動更新とはいえ、一昨日と昨日の記事のタイトルが「台無し」と「拍子抜け」はあんまりだ。


こちら(香川)は地震の影響はほとんどなく、東の方にいる友人・知人も幸い皆無事だった。

瀬戸内海に到達した津波は40cmだったが、それがどれだけ異常な事態か、香川に住む人間にはよくわかる。

とにかく海には行くなっつってんだろ、カス。
行くなっつってんのに興味本位で行くカスは助けなくていい、ってわけにもいかないんだぞ。そんなカスの為に貴重な救助隊の人員が割かれるんだぞ。


大丈夫、日本人はこういう災害時にこそ真価を発揮するんだよな。
普段は横柄な態度のやつでも、こういう時には譲り合ったりできるんだよな。
子供、女性、年寄りを優先できるんだよな。

各国の支援がありがたい。
韓国の5人と2匹に非難もあるようだが、
「今日到着する5人」と「明日到着する100人」なら、前者の方がありがたい。
72時間が勝負。

とりあえず募金した。

頑張れ、大丈夫だ。


http://blog.livedoor.jp/yumemigachi_salon/archives/51687260.html
↑西日本民、できることはいくらでもあるぞ。
   12:50 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

拍子抜け

大雪で配送が遅延(笑)していたトリマーのチャックがやっと届いたので、
さっそくトラスロッドのミゾ掘りを再開した。

先にネックの整形をしてしまうというミスをやらかしてしまって、
もしかしたらトラスロッドが上手く仕込めないんじゃないかという不安がよぎ

現在の四猫庵において、事細かいギターの作り方なんかもはや誰が望んでいるだろうと思うので、そこらへんは空気読みますよ。
HPにまとめたら見てね。

結果としては「ものすごくうまくいった」のだが、
なんだかうまくいきすぎて納得できないというおかしな事態に。
拍子抜けというか、もっと波乱を期待していたというか。

数年前に日本人女性がミスユニバースに輝いたが、
その結果に一番納得いかないのが当の日本人だった、
という感覚に似ている。

似てるったら似てるの。
ミスユニバース
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

台無し

「人を愛しなさい」
自分が一番ではなく、愛した人が一番になる。
自分を犠牲にしてでも、愛した人を助けたいと思う。
それが愛である。

「知りなさい」
知らないということはそれだけで罪であり、
知らないことを知りなさい、ということ。
知への欲求には正直であらねばならない。

「反省しなさい」
過去の経験から学というのは、生物に許された最善の創造である。
良い行いも悪い行いも、省みて知とせよ、ということ。

「創造しなさい」
愛し、知り、反省すれば、あらゆるものを創造できる。
創造することを知り、そこから反省し、
創造することを愛しなさい、ということ。


ポストに手紙が入っていた。
もっとだらだら書かれていたが、要約するとこんな感じ。
差出人は、某新興宗教でしたよ。

最後の一行で全部台無しにする練習中。

台無し
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

いやはや

珍しく怒っている。
ワタクシを知る人は言う。
「珍しいことじゃない」
うるさいうるさい、普段は怒ってないったら怒ってないの。
怒ってない人に「怒ってる?」とかしつこく聞くから怒るんだよ。

いや、今日は怒ってる。
サンドロ・ロセイに怒ってる。FCバルセロナの新会長だ。
サンドロ・ロセイ

FCバルセロナのユニフォームにはスポンサー名がない。
100年以上のクラブの歴史の中で、
胸にスポンサー名が入ったことはただの一度もない。

このポリシーは、ファンにとって大きな誇りであった。
他のクラブとは違う、クラブを超えた存在。

ロセイは、その誇りをあっけなく捨てた。
カタールの企業とスポンサー契約を結び、
来シーズンから、胸にはデカデカと広告が踊る。

特別だったクラブが、ただのクラブに成り下がったのだ。

ロセイ的には「前会長が作った借金を返済するため」という大義名分があるようだが、その考え方自体がビジネスマンライクだ。
彼はこういう成り上がりの起業家にありがちな、
「伝統やポリシーだけでは金にならない。クラブ運営はビジネスだ」
そんなドライで、利害のみを追求する思考を持つ人種だ。

こういう人種は、クラブ運営ですら自身の利益追求に利用できるかできないかとか、そういうことしか考えていない。

ロセイに対する怒りはもちろんだが、運営に対する不満もある。
ここ最近のバルセロナの成績は素晴らしいものだ。
リーグ連覇、チャンピオンズリーグ制覇等、実に輝かしい。
にもかかわらず、借金がある、というのは、ある意味では異常である。
かなり適当な運営をしていたんだろうと予想できる。
まあ、スペイン人だもんな。

そうだ、「スペイン人だもんな」で片付く問題だった。

欧米の起業家の妙な自信と挑発的な態度に悪口言おうと思ったが、
ただのスペイン人の悪口で終わる。

いやはや。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

身も蓋もない

テレビの特集で、ペットの火葬場ってのをやっていて、
飼い犬が亡くなったという女性がインタビューを受けていた。
悲しくて泣いているのはいいが、すごく高そうな毛皮のコートを着ていた。

それがどうした、ってわけでもないですけれど。

燃費

個人的に許さないもの上位に「オープン価格」と「燃費のカタログ値」がある。

オープン価格は消費者にとってはもうただただ不便であるだけだが、
わからないのは燃費のカタログ値だ。

TNP=低燃費って、あのCMもうウンザリだよね、という話ではなく、

例えば車のカタログを見ていて、燃費が18だったとする。
すると脳内で勝手に、
(カタログ値で18だから、実際乗ると13いくかいかないかだな)
なんて計算しなおして参考にしたりする。

冷静に考えると、どういうことだ、とは思う。

ぶっちゃけ、10・15モードという燃費の測り方がいけないのだ。
詳細は忘れたが、あまり実用に即した測定法ではなかったと記憶している。

都道府県ごとに主要な道路を街乗りしてみて、
その結果から実燃費を算出してカタログに掲載すればいい。
それぐらいの企業努力はしてもいいんじゃないか。

ま、身も蓋もない言い方をすると、
個人の乗り方で燃費なんて全然違うから参考にならないんですけどね。

面白いのは、脳内で勝手に変換するところだ。
なんならディーラーの営業マンも、「実際は13くらいですね」なんて言う。


カタログ値もオープン価格も、結局は身も蓋もないのだ。
ペットの火葬場で毛皮のコートを着ている人を見て、同じ動物好きでも、
暖かそうと思う人もいれば、烈火のごとく怒り出す人もいる、
そういう話。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

ぶっとんでいるということ

奇抜なパフォーマンスやド派手な衣装で異才をアピールするレディ・ガガ。
歌ってる曲自体はごくごく平凡なポップスで、異才でもなんでもない。
土屋アンナっぽいと言えばぽい。
ぶっとんでるアピール→思ったほどぶっとんでない。

しっかり地に足つけて「ぶっとんでる」もないだろ、と。
ぶっとんでるアピールするんだったら、鬼束ちひろレベルはキープしてほしい。

鬼束さん歌うまいし曲も嫌いじゃないんだけど、
中森明菜というよりは、ここんとこ少し中島みゆきっぽくなってきてませんか?
鬼束さん
イルカのなごり雪は、徳永英明や中西保志等、色々な人がカバーしたが、
鬼束さんのなごり雪を超える人はまだいませんよ。

歌を歌うということに関しては抜群だと思う。
山口百恵の「いい日旅立ち」なんかもカバーしているが、
完全に原曲を食ってしまっている。
自分の曲にしてしまっている。
遠慮とかリスペクトとか、そういうのがまったくない。

アーティストと名乗るのならばそうでなければ、とは思う。


えっと、TMレボリューションの西川貴教って、
「歌唱力は抜群なのにもったいないよね」
っていう話にもっていきたかったんだけど。

やめた。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

ナチュラリスト

初めての骨格標本製作、まったくの初心者が興味本位で作る際、
バイブル或いはマニュアルであるとも言うべき本がある。
骨の学校
それがこの「骨の学校」である。
ネットで紹介されている「手羽先」や「豚足」の素人骨格標本は、
ほとんどがこの本を参考に作った物と言っても過言ではないだろう。
多分。

しかし、内容の大半は、学校教諭である著者の日常風景の描写であり、
肝心の手羽先や豚足の標本の作り方は、巻末にオマケ程度に記載されているだけだ。

埼玉県にある「自由の森 中・高等学校」が舞台の話は、
随所に自然大好き!子供は自然の中でこそ育つ!調の展開で、
ゆとり感漂う教育現場の描写に身体が拒否反応を示し、
ついには途中で読むのをやめてしまった。

一番理解に苦しんだのは、「フリーナチュラリスト」という著者の肩書き。
なんだよ、フリーって。どこから独立したんだよ。
フリーとフリーじゃないナチュラリストの違いはなんだよ。

だいたいアレだぞ、ナチュラリストって、「ヌーディスト」って意味もあるんだぞ。
「裸体主義者」だぞ。「フリーヌーディスト」だぞ。
どんだけ自由なんだよ。
骨ってのは、ある意味で素っ裸ですってか、バカヤロウ。
あんま軽々しくナチュラリストなんて言わない方がいいと思うんだ。
だが、思った以上に「フリーヌーディスト」という響きが気に入ったので許す。


えっと、骨格標本の作り方は大変参考になりますよ。
(手羽先・豚足限定)
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

鶴田ではない

小雪がハイキングQちゃんにしか見えなくなった。


豆乳に塩化マグネシウムを混入。

小麦粉に炭酸水素ナトリウムを混入。
或いは、換気扇の清掃には炭酸水素ナトリウムが効果的。

はいはい、「にがり」と「重曹」ですよ。
普通の人は正式名称で言われると戸惑うんだそうな。

理系の人ならわかると思うが、
「にがり」と効くと、脳内で自動的に「塩化マグネシウム」に変換されて、
瞬時にMgCl2という化学式で反芻される。

「野人」と聞くと岡野雅行が、「ジャンボ」と聞くと尾崎将司が、
脳内で自動変換されてしまうという現象に多少辟易している、という話。

パンチョと聞くと伊東一雄もそうだし、
小雪とQちゃんもそうだし、キリがないな。
伝わってないだろうし、やめやめ。

そうなんだよ、ジャンボは鶴田じゃなくて尾崎が出てくるんだよ、ちくしょう。
鶴田
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

考えて生きる

賛否両論あろうが、ワタクシはソフトバンクのCMは好きだ。
特に新しいシリーズは風刺が効いていてなかなか痛快だ。

子ども店長に「ちやほや」はまあそれほどでもないが、
杉村太蔵に「ちゃんと考えて生きな?」というのは実によかった。
国民が心の奥でずっと言いたかったことを、
ハッキリ直接代弁してくれたという感じが心地よい。

ぜひ次回シリーズでも痛快にやってほしいと思う。

エビ蔵に「早く大人になりな?」と言ったり、
沢尻エリカに「早く大人になりな?」と言ったり、
ハイパーメディアクリエイターにも「早く大人になりな?」と言ったり、
パリス・ヒルトンに「早く大人になりな?」と言ったり、
押尾学に「早く大人になりな?」と言ったり、

そういうの。

ハイパー
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

おのれ

まあいろいろあってトラスロッドを仕込み忘れたと書いた。

ネック整形後にトラスロッドのミゾを掘る方法はいくらでもあるので、例しに一つ紹介しようかとか考えて余裕ぶっこいて、いざミゾを掘ろうと思ったら、

新しく買ったトリマーにビットが合いませんけれど!?

ちくしょう、チャックは6mmまでって書いてるぜ。
持ってるビットは1/4インチ(6.35mm)のビットで、
ついでに言うと仕込む予定のロッドの幅も1/4インチだぜ。

アメリカさんよ~、意地張ってないでメートル法に従ってくれませんかねぇ?
タイヤとかテレビとか、イマイチピンとこないんだよ。

というわけで、トリマー用の1/4インチチャックをネットで購入。
急いでいるので、「在庫あり、即日発送可」とある店舗で購入した。
以下、その店からのメール。

----------------------------------------------------------
2/27、注文承りました。

3/4発送予定です。
現在大雪による配送遅延が発生しております。

お客さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、
ご了承のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
----------------------------------------------------------

あのさ、これさ、

雪とか関係ないよね、
まだ発送もしてないんだから。


ただ在庫を切らしてただけだよね。

しかも「土日はしっかり休みます、そちらもご了承を」とか書いてる。
他で買えるならキャンセルだよ?アンタ。
いや、まあ、他で売ってないから?
ここで買うしかないんだけど?うん。

・・・ぬう、やや意気消沈。
メートル法
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

アナライズる

Google

普段は滅多に見ない機能なのだが、
ワタクシが使っているFC2ブログには、アクセス解析サービスがある。
まあ、どこのブログにもあるんでしょうが。

いつ、どこから、どうやってこの四猫庵にアクセスしてきたかとか、
検索ワードに何を入力してウチに来たかとか、
その後どこをクリックしてどのページへ行ったかとか、
そういうのがかなり細かく解析されている。
ちなみにウチを見に来るのは、埼玉と石川と京都が多い。

中でも面白いのは検索ワードだ。
最近ではやはり透明標本関係のワードが目立つ。
「アルシアンブルー 代替品」とか「トリプシン 代替品」とか。
バカ高いもんな、この二つ。

「就活 ジーパン」
「ギター工房 求人」
なんて世相を反映したものも。頑張れ若者。

中には何を調べたかったんだよ、と思わず笑ってしまうものもある。

「カツラ 平野レミ」
「猫 どこにいるのかわかる 機械」
「立方体フェチ 興奮」
なんてなぜウチがヒットするのか疑問なワードから、

「木ダボ 抜けない」
という、シンプルに笑えるものまで。

でも一番笑えて、少し心に堪えたのは、
「Cuatro Gatos ナイフ」というキーワード。
試しにこのワードでグーグル検索すると、
一番に出てくるのは「5.3工房」だという事実。

ナンデヤネン。

もいっちょ

ナンデヤネン。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

報われたい

最近作った物。

魚類頭骨標本
魚の頭骨標本。
メガネウオと、でっかいほうがマハタ。
人間の頭骨はせいぜい2ピースくらいかもしれないが、
魚の頭の骨は、それはもうすごいパーツ数で、組み立てるのは相当難しい。
骨だけ買いましたよ。組み立て済のやつ。
作ったのはベースだけ。

鉱物標本
鉱物標本。
深青の蛍石がお気に入り。
これも石はホットボンドで貼り付けて、作ったのはベースだけ。

手羽先標本
手羽先の骨格標本も、2本完成。
これはちゃんと1から作りましたよ。
ベースは2種類、片方は漆塗りのベース。


・・・とまあ、まとめると、
ここ最近、とにかく沢山のベースを作った、ということだ。

報われたい。
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。