弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

科学の根っこ

サントリーHDがまたやった。
「青いバラ」「青いカーネーション」に続いて、「青いユリ」を開発したらしい。

青いユリ

ぶっちゃけではなくだと思うなんて野暮は言ってはいけない。
それも青紫ではなく赤紫だと思うなんて野暮は言ってはいけない。

この写真のように鮮やかなショッキングピンクの横に並べてみると、赤紫でもいかにも青っぽく見えるという錯覚だなんて全然、そんな、言ってないし。


「青いバラ」といえば、昔から「現実には存在し得ない物」と定義され、
不可能の代名詞として語られてきたものであったが、
現在の技術であれば遺伝子をいじればちょちょいと(?)できてしまう。

それが良いだの悪いだの言うつもりはないし、科学的な進歩として見ればやや好意的に受け止めているワタクシだが、「不可能を可能にする技術進歩」というロマンと、「永遠に不可能である」というロマンを天秤に掛けると些か悩んでしまう次第。

「永遠の不可能に挑み続けるロマン」、と言い換えておこう。

不可能と定義されたことを可能とする為に敢然と立ち向かう、常識を疑うことから始まる、それが科学の根っこだったはずだ。

忘れては行けない。
関連記事
   21:00 | Trackback:1 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/1016-e9e9c277
サントリーHDがまたやった。「青いバラ」「青いカーネーション」に続いて、「青いユリ」を開発したらしい。ぶっちゃけ青ではなく紫だと思うなんて野暮は言ってはいけない。それも青紫ではなく赤紫だと思うなんて野暮は言ってはいけない。この写真のように鮮やかなショッ...
2012.05.12 00:20
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。