弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

多肉植物

「家を買いたくなったら」的な本を読んだ。
本編230頁を一気に読破、書かれていたことを要約すると、
「焦って今買わなくてもいいんじゃない?よく考えて?」だった。
捨てた。



多肉植物
驚異の部屋的植物群。
いうほど大袈裟のものではないが、なかなか驚異的で気に入っている。
左がハオルチアのオブツーサ。右が同じくハオルチア・ウンヴィラティコラ。
まるでガラス細工のように透明なドームを持ち、ゼリーっぽいかというと、そうでもなく弾力がある。
ま、アロエを想像してもらえたら。

オブツーサ1
ある本で紹介されていて、一目惚れだったオブツーサ。
なんかオサレっぽいので、都会の園芸店じゃないと手に入らないだろうなんて思ってたが、
近所の青空園芸店で売ってた。代金すらセルフで箱に入れるような店舗だぞ。
¥300なり。

ウンヴィラティコラ
オブツーサといっしょに買ったウンヴィラティコラ。(ウンヴラ)
こちらはもうちょっと班がクッキリ出ているのが欲しかったのだが、
そこは青空販売所クオリティ。多くは求めません。
¥300なり。

オブツーサ2
元々は砂漠に生える多肉植物なので、世話も簡単だし、室内でも大丈夫。
成長は非常にゆっくりで、数年がかりでやっと株分けできるくらいだとか。
そういう理由から、小さな鉢でのコレクションに向いているというが、うん、確かに。
無駄にたくさん並べたくなるのは認める。

まあ、これらと一緒にカエデの木も買ってきたんだけど。
個人的にはそっちがメインなんだけど。
カエデは、まあ、なんだ、驚異の部屋向きではないというか、うん。
いや、なかなか立派なカエデなんだが、これも¥300でさ。
得した、という話。
そういう話だったか?
関連記事
   10:19 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/1068-18259bba
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。