弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

100年休まずに

おれだったら紅白にのりぴー出すね。



やあ、良い物を手に入れた。

柱時計

古い精工舎(現SEIKO)の掛時計をオークションで落札。
ゼンマイを巻くとカッチ、コッチと振り子で動く、いわゆるボンボン時計だ。
横に見える安物のギターは見なかったことにしてくれ。

ケース裏に3枚貼られた保証書、最初の一枚の日付は昭和11年。
それからざっと75年余り、今も元気に動いている。

こういう機械は、蔵や納屋に大事にしまい込むよりも、適時メンテナンスしながら現役で使用し続ける方が状態良く保てる。
そういう意味で、この時計はよく保っているといえる。

振り子
振り子。
ほとんどサビも浮いておらず、真鍮の飾り葉もキレイだ。

ペイント文字盤
文字盤は、オリジナルのペイント文字盤。
当時の文字盤は紙製が多かったようだが、こういうペイント文字盤も出回っていた。

ちなみの4時と8時位置にある穴が、ゼンマイを巻く穴である。
大抵は4時位置が時計のゼンマイ、8時位置が時報のゼンマイ。
時計ゼンマイの駆動時間はおおよそ文字盤に記載されている。
ちなみにこれは8日巻き。他にも15日巻きや30日巻きがある。
週に一度はゼンマイを巻いてやらないといけないが、それが煩わしくて嫌だとか言う人は、クオーツの電波時計でも買えばいい。

長針が真上にくると時報として鐘が鳴る。
3時なら3回、12時ならちゃんと12回鳴る。
夜中もお構いなしに鳴るが、それがうるさくて嫌だとか言う人は、携帯電話を時計代わりにしていればいい。

まず見た目に存在感のある柱時計。
部屋に響く振り子のカッチ、コッチという音と、時報の鐘の音。
個人的には視覚的なものよりも、こういった音のほうが醍醐味に思える。

ワタクシがそう思うだけなので、他の人は他の結論に達していただければ。
さあ、100年休まずにチクタクしなさい。
関連記事
   14:08 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/1076-8b8267ac
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。