弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

相手の気持ちになって

小学生の頃、担任の先生に口を酸っぱくして言われたものだ。

「相手の気持ちになって考えなさい」

大人になった今でも、この教訓は結構大事なことだと思う。
まあ、子供のような単純な思考回路ではないので、
己の主観というものと他人の考えに、
多少なりともギャップが存在することは重々承知している。
それを踏まえた上でもやはり、
「自分が同じことをされたら、どう感じるだろう」
とワンクッション置いてから行動に移すのが、
日本人らしく、またスマートな大人の行動ではないだろうか。

精神まで欧米化しなくてよい、と何度か綴ってきたが、
まあそんなに難しい話ではなく、
ボジョレーヌーボーの話なのだ。

ニュースで「ボジョレー解禁!!」とまくし立てていた。
別にそれはいい。
その後に流れた映像で、深く考え込んでしまった。
写真のような、ワイン風呂の様子だ。
風呂
「ボジョレー最高!!」
なんてセリフを吐いていたが、
まさに「相手の気持ちになって考えろ」だ。
ワインをおいしく、おいしく、と一生懸命に作った職人たちは、
よもやそれが遠い日本の地で「風呂の湯」になろうとは、
想像すらしていなかっただろう。
ワタクシがワイン職人なら、

「え・・・?いや、飲めよ!?飲み物だよ!!なんなの!?浸かっちゃってんじゃねえよ!?」

となって、もうファッキンジャップだ。

自分の作ったギターが、
わけのわからない現代アート(自称)の一部にされたみたいな。

いや、弾けよ、と。
それギターだから、と。

で、ワインなんだから、飲もうよ、という結論でいいのか。
なんか違う。
関連記事
   23:47 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/109-c8af2d2f
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。