弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

文庫カバー

文庫カバー1
別にこれでもいいんだけれど、なんとなくやっぱり雑多な感じがしないでもないような。
そうだ、カバー作ろ。


文庫カバー12
ああ、美しい。

作り方は以下。
文庫カバー2
というわけで、A4サイズでカバーをデザイン。
背表紙にタイトルと著者があればいいだけなので、簡単だ。
イラストレーターでちゃちゃっと作って、クラフト用紙に出力だ。
ラブリーなミジンコマークは嫁が作ってくれたぞ。
これで終わりでもいいんだけれど、せっかくなので紙を蝋引きしようと思う。

文庫カバー3
二つ折りのクッキングシートの間に原稿を挟んで、折り目をしっかりつけとく。

文庫カバー4
写真撮るのに夢中で、なんかナイフの持ち方が、すごく新しい感じだ。
ロウを削ってパラパラと振り掛けていく。

文庫カバー5
クッキングシートで挟んで、弱~中のアイロンでじわ~っと溶かしていく。
アイロンはあんまり動かさないのがコツ。
続いて、ロウが足りない部分には追加し、
多すぎる部分は原稿の上下をティッシュみたいな紙で挟んで、またアイロン当てて余分なロウを吸着させる。

文庫カバー6
そうしてできたのがこのワックスペーパー。
うむ。美しい。

文庫カバー7
取り付けは、まず上下高さを揃えて折り込んでから、センターの背表紙、サイドも揃えて折り目をつける。

文庫カバー8
このままでは表紙が透けてしまうので。

文庫カバー9
普通のA4コピー用紙を文庫サイズに切り出して、中紙にする。

文庫カバー10
完成。

文庫カバー11
ミジンコ書房。

文庫カバー13
いい感じ。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/1128-08eeb712
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。