弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

勝手にかぶれてろ

サッカーやってたので、サッカー関連のサイトはよく見る。
見ていて気になる、というか、めんどくせぇってなるサイトがままある。
そこで。

** めんどくせぇサッカーサイトランキング **

----------------------------------------------
第3位 「選手の名前を、アルファベット表記する」
----------------------------------------------

これはめんどくさい。


XaviからIbrahimovićへ絶妙のアーリークロス。
Ibrahimovićが綺麗に胸で落としたボールを、
オーバーラップしてきたDaniel Alvesがダイレクトで(ry

こんな感じ。
何を思ってアルファベット表記なのか、まったく意味不明の意図不明。
Xaviなら、現地読みで「チャビ」、ローマ字読みで「シャビ」になる。
どちらでも、アルファベットよりは断然わかりやすい。
カッコイイと思っているならすぐに改めよ。


-------------------------------------------------
第2位 海外サッカーの情報をすべて日本選手と比べる
-------------------------------------------------

日本大好きか。


全盛期のデニス・ベルカンプのシュートセンスは、
田中達也のようなドリブル、
もしくは全盛期の中田英レベルのパスと併せて初めて、
抜群の攻撃力が備わるわ(ry

意味不明。
ベルカンプのシュートの話なのか、
田中のドリブルの話なのか、
ヒデのパスの話なのか、
何が言いたいのかわからない。
「ただの知識のひけらかし説」が有力。
賢そうと思っているならすぐに改めよ。


-------------------------------------
第1位 ポジション名を現地風に表現する
-------------------------------------

これは本当に面倒くさいのでやめてほしい。


そもそもサビオラは、一般的なデランテーロ・セントロではなく、
エストレーモ・デレーチョでこそ真価を発揮すると思う。
エストレーモ・イスキエルドもできないことはないだろうが(ry

もうね、「情報を伝えよう」という意志が感じられない。
ブログやホームページという、不特定多数の人間が見るであろうフィールドで、
コアな専門用語を得意げに使うのは、
「情報を伝える」
というのではなく、
「俺ってこんなに知識があるんだぜ」
という、
自慢をしたいだけならただちに改めよ。

さらにひどい例として、

ロナウジーニョはいわゆる「メディアプンタ」、
イタリアでいうところの、「トレクアルティスタ」である。

スペインの専門用語をイタリアの専門用語で説明しちゃった。
俺、スペインだけじゃなくイタリアだって詳しいぜ、
と顔に書いてある。

頼む、日本語喋ってくれ。

ロナウジーニョはいわゆる「トップ下」、
純粋なフォワードの選手ではなく、
「攻撃的ミッドフィルダー」である。

で、いいんじゃね?

そんなところでかっこつけなくて、
いいんじゃね?

サッカー
関連記事
   20:16 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/122-f0c775e8
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。