弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

新年早々症候群

「こち亀」の違和感といったらなかったが、
香取慎吾と時代劇というのも1mmも噛み合わない、ということになぜ気が付かない。
新撰組の近藤勇にせよ、今やってるCMの坂本龍馬にせよ、
もったいつけて「~ぜよ」とか言っても、あの顔ではふざけているようにしか見えない。
いや、香取慎吾は悪くない。
彼にやらせている連中が悪い。
それで許してくれ。


元日の朝目覚めてしばらくしてから、ふとちくりと携帯電話を見た。
電池の残量表示が2つになっていた。
もう、新年早々これだけで気分が悪い。

なんで充電しとかなかったんだとか、
新年早々縁起が悪いとか、
だから電池の残量表示は百分率にしろって言っただろとか、
色々と考えて悶絶した。

この「新年早々症候群」というのは様々種類があって、
年末年始になると、どうもそわそわしてしまってたまらない。
年末に床屋が混むのも「新年早々症候群」の症状の一つだ。

かくある症状の中、唯一理解できないのが、洗車だ。
年末、セルフの洗車場が大混雑しているのを見かける。
クソ寒いなか、せっせと車を磨いてはそのピカピカ具合にうっとりしている。
理解できんこともないが、
日本人の車ピカピカ好きはやはり行き過ぎのように思えてしまう。

ちょっと、ホントにちょっっっっっっっと、
「それ傷?」
みたいな傷が付いただけで、もうこの世の終わりのような落ち込みよう。
それが自損でなかった時の、ぎらぎらした親の仇を見るような目。
そういう人が少なからずいる。

そんな人たちに、
「新年迎える時くらい車洗えよ」
といった感じのことを遠回しに言われる。

ほっといてくれ。
ギター1本ピカピカにするのも大変なのに、車なんてとても無理だ。
走ればいいんだ、車なんて、とまでは言わないが、
それに近い感覚はある。

スーパーの駐車場にカートを放置する不届き者がいるが、
邪魔なカートは車に乗ったまま、車で押してどかす。
そんな程度だ。

車に関して神経質になりすぎてしまうと、外出できなくなってしまう。
実際にそういう人がいたから、笑い話ではない。

趣味が洗車といっても過言ではない人が知り合いにいるが、
丹精込めて洗った車で出かけて車が汚れるのが耐えられないから、
出かける用の車を買ったのだ。

3日に一度くらい洗車しては、そのままガレージにしまっている。
本末転倒とか、そういうレベルではなくなっているのが笑えない。

笑えないが、ま、

平日の昼間から親に買ってもらった新車のジャガーを磨いているニート(31)

よりはいいか。

実在するんだぜ、そんなゴミも。
じゃがー
関連記事
   20:40 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/153-edfe7592
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。