弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

北欧の人

フィンランド

嫁が「かもめ食堂」のDVDを借りてきて見ていたので、横でネットしながらチラ見した。
小林聡美が好きなのだ、嫁は。倒置法。

個人的には、片桐はいりが相変わらずの存在感で、すごいと思った。
「唯一無二」という言葉は片桐はいりのためにある。
人間国宝でもいいと思うくらいだ。

映画自体はとてもゆったりとした流れで、後味もよかった。

「トランスフォーマー見た?あの映像はスゲェから、一度は見とくべき!」
とかいう類の人は、見てはいけない。

「パイレーツオブカリビアン見た?ジョニー・デップが(ry」
とかいう類の人も(ry


「日曜日のピュ」という映画を思い出した。
これはスウェーデンの映画で、ストーリーも「かもめ」にまったく関係ないが、
見終わったあとに残る「淡い感じ」というのがよく似ていたのだ。
その感覚でいうと、「日曜日」のほうが断然に強いが、
それ以外の作品で感じたことがなかったので、いささか新鮮で、それでいて懐かしかった。
「淡い感じ」としか表現できない自分のボキャブラリーの無さを悔やむが、
この感覚がわかる人とコーヒ-を飲みたいと思う。
何の話だ。

「かもめ」はフィンランドが舞台だ。
「日曜日」といい、北欧が舞台の映画はみんなこんな感じなのだろうか。
あれこれ理由を考えてみたが、
結局は北欧の人の雰囲気、ということになろう。

北欧の人は、感情表現が日本人に近いという。
物静かで、「イエス!オーイエイ!」とか言ったりしないという。
良くても、「良かったよ」とあまり言わない、
くそーと思ってもあまり表に出さない。(小林聡美 談)

フィンランドといえば「ムーミン」だ。
何を隠そう、「ムーミン」は大好きである。
普段使っているコーヒーカップも、アラビア社(フィンランドの陶器メーカー)のものだ。
これには「ムーミンパパ」の絵が描かれている。

なんだ、フィンランド大好きじゃん、俺、というのに今気が付いた。
そういえば、アンティ・ニエミもサミ・ヒーピアも好きだ。

「オーロラを見る」
というのは死ぬまでに叶えたい夢の1つである。
オーロラについてはノルウェーの方が有名だが、
フィンランドで見られるのなら、そうしようと思った。

どうやらまだ、「ライ麦」の「アメリカアメリカうるせぇよ」を引きずっているようだ。

嫁は「かもめ食堂」に出てくる食器やカトラリーを見て、
「うちの食器やら全部捨てたくなったわ」
と言っていた。
関連記事
   20:43 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/161-2dda6f62
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。