弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

サビ抜きパンク

パンクバンドの曲で、
歌詞に「Fuck」と「Crazy」使うの禁止、
となったら、どれだけのバンドが生き残るだろうか。
日本のパンクバンドの方は全滅かもしれない、とも思う。

そんなどうでもいいことをたまに考える。

パンク

本場のパンクバンドにとっては、
「握り寿司のサビ抜き」みたいな感覚かもしれないが、
日本のパンクバンドにしてみれば、
「うな重のうなぎ抜き」みたいになってしまうんじゃないか。

日本人はどうも、
「○○はこうでなきゃならない」
という定義付けをきっちりし、それを踏襲しないと気が済まない人種である。

パンクは「Fuck」で「Crazy」でなければならないし、
演歌は「酒」と「泪」と「男」と「女」だし、
J-POPは「LOVE」と「サヨナラ」と「キミに出会えたキセキ」と「サクラサク」でなきゃならない。
エスカレーターの立ち位置は、「関西が左」で「関東が右」で、
スパゲティは箸で食べてはいけないし、王理恵の前でソバをすすってはいけない。
男性は「ニート」で、女性は「家事手伝い」だ。

こういう他から与えられた定義は鵜呑みにせず、
全ての物事を自分自身で定義しようと努力はしているが、

パンクは「Fuck」で「Crazy」じゃなきゃ物足りないし、
演歌は「金」と「ヤクザ」と「北島一家」だし、
J-POPが洋モノの真似しても寒いだけだ。
エスカレーターの立ち位置は、どっちでもいいじゃねーかバカヤロウ、だし、
スパゲティは箸を使うと便利で、王理恵の前でわざとソバをすすってやりたい。
「ニート」は働けよ、で、「家事手伝い」も働けよ、だ。

えっと、何の話でしたっけ。
関連記事
   20:52 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/179-8b99e157
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。