弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

父ちゃんの引き出し

娘が敏感肌っぽいので、保湿系の入浴剤が欠かせない。
今回嫁が購入してきたのは、

バスロマン「はちみつと黒糖の香り」

・・・入浴剤として売ってることにも驚きだが、
うん、嫁のそういうセンス、嫌いじゃないよ。

ライティングビューロ

今はまだ賃貸の家に住んでいるが、
できれば近いうちに家を新築したいな、と思っている。

その時に、1つの夢がある。

それが「父ちゃんの引き出し」だ。

書斎、というか、うちの場合は作業室という括りになるだろうが、
要するに自分の部屋というものができた暁には、
机の引き出しに「なんだか訳の分からない物」をたくさん入れておきたい、と思うのだ。

父ちゃんがいない時に、子供は好奇心から、勝手に机の引き出しを開けるだろう。
そんな時に、引き出しから出てくる、訳の分からない、でもなんだか不思議な物。
蛍石の鉱石とか、変な化石とか、昔の紙幣・硬貨とか。
古びた折り畳み式のナイフに、大昔の地図、幻灯機のガラス写真。

嫁に聞くと、女の子でも十分に興味があるものらしい。
別に、そこから何かに興味を持って、とかそういう事を考えているわけじゃない。
いわば、これは父ちゃんの大いなる悪戯みたいなものだ。

自分には、物心ついたときにはすでに父親がいなかったので、
簡単に言えば、「父親とはなにか」という知識がゼロなのだ。
子供ができたとき、まずそれが不安になった。
が、「自分の理想の父親」になればよい、と誰かに言われたので、そうすることにした。

自分の理想の1つが、引き出しだったのだ。

問題は、中に入れる物がまったく揃っていないことだ。
今現在手元にあるのは、
4cmくらいのダイキャストの遮光器土偶のフィギュアだけという笑えない状況。
それどころか、写真のような趣のあるビューロもない。

そういや、ビューロのプランをWoodcraftで売ってたな・・・。
関連記事
   20:49 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/192-f3c64dc4
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。