弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

引き出し物 #4~#6

まぁ、あれだ、ちょっとふざけただけですよ、ここ三日ほど。
「戒め」ですから。ええ。

さぁ、今日も引き出しに入れるものを紹介する地球に優しいコーナーだよ。
もちろん、「地球に優しい」と書いて、「自己満足」もしくは「幼稚な入れ知恵」と読むよ。

水晶クラスター
#4 水晶クラスター
こいつはまさに「キング・オブ・分かりやすい鉱物の原石」って感じなんだ。
結晶が晶析する過程を妄想して興奮できれば、一人前だと言えるんだ。
なんだか上手い具合のコイツ専用の入れ物が欲しいんだけど、
やっぱり自作するしかないのかな。(んなわきゃない)
何でもかんでも自作自作言ってると、そのうちウザがられそうで内心ビクビクなんだ。

古切手
#5 古切手
これはヤバイ。完全に甘く見ていた。
実際に手元に届くまでほとんど興味が無かったのに、今はヤバイ。
ヤバイというよりシャバイ。(ウチの地元のヤバイの最上級型)
マンモスシャバイ。
その手頃な値段と、男心をくすぐるコレクション性に、K.O.寸前である。
どこの国の何年に発行されたものか調べ、
キッチリ整理してアルバムなんかに綴じるという、
これはまさしく「A型」のためのコレクションだと思うんだ。
こういうのを諺でなんと言うのか。
ミイラ取りがミイラになる?足下から鳥が立つ?違うか。
とりあえず、好きなヨーロッパの古い切手を買ってみた。
その昔、嫁も集めていたことがあるらしく、先輩というわけだ。
ま、そこそこ大袈裟に書いたことは否定しないんだ。

ベルリンの壁
#6 ベルリンの壁
ベルリンの壁が崩されたのは、10歳の時だった。
テレビでその様子を見ていたが、意味は分からずとも、
「遠い国で、なんだかとってもすごい事が起きているんだ」
というのをぼんやりとでも感じていたことを思い出す。
その感覚に少しでも近いことを、子供に言葉で伝えることができるだろうか。
この壁のカケラが本物かどうかなんて関係ない。(¥500だったからね)
そういうことがあったんだよ、という事実と、
その時に父ちゃんはこう感じたんだよ、というのを、どうにか上手く伝えたい。
伝えたいけど、それは居酒屋なんかで酒の肴に話す事柄と変わらないんだ。
関連記事
   21:09 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/206-348c972b
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。