弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

大佐 in 倉庫

今日は休日だったので、いよいよソーセージ製作にいそしんだ。
「期待してるからねー」と言い残し、嫁と娘は遊びに出かけた。

豚バラ肉1kgをだいたい3つに分け、
それぞれ「バジルメイン」「大葉メイン」「チョリソー」に味付けした。
セージだタイムだコリアンダーだナツメグだいうハーブ類は適当にババッと入れて、
塩、コショウ、卵、すり下ろしたタマネギ、ニンニクなんかも適当に投下。

1度に入れる量が多すぎてフードプロセッサーに付加がかかり、
モーターから煙が出たことはキミとボクだけの秘密だ。

塩漬けの腸の塩抜きをしてほぐしながら、
「ああ、これ腸なんだぜ・・・」とか、
「そういや、ガット弦ってこれから作れるよな・・・」とか、
いらんこと考えながら腸詰め。
これがなかなか、思っていたより難しい。コツを掴んだころにはあらかた詰め終わっていた。

腸だね

いわゆる生ソーセージ完成。
大きい皿が無かったので土鍋の蓋に乗せてみた。

これを半分に折って、ねじって、輪に通して・・・を繰り返し、
ソーセージを鎖状にしていく。この作業はなかなか楽しい。

ねじり終わったら、いよいよ庭で燻製。
ダンボールで急造した燻製器(大佐と命名)にソーセージと金網を設置。

スモーカー

ソーセージはぶらさげて、
金網の上にはチーズと煮タマゴを乗せてみた。
雲行きが怪しくなり、雨に弱い大佐が心配になる。

スモークにはチップは使わず、チップを固めたブロックを使用。
線香のように長時間燻り続けるので、便利。
この時点でビールを飲もうかどうしようか、
ある意味ワタクシも燻り続けていた。
晴れていたら確実に飲んでいただろう。
猫が大佐を訝しげに眺めている。

スモークは2時間たっぷりした。
その間することがないので、オークションで標本とか眺めて楽しんだ。
たまに、大佐のてっぺんから漏れる煙の確認。

スモークが終了すれば、大佐はさっさと畳んで倉庫に収納。
大佐がダンボール製でよかった。

チーズと煮タマゴは完成、
ソーセージは続いてたっぷりの湯でゆでる。

沸騰した湯で一気に茹で上げてもいいが、
70℃くらいの温度で30分、ゆっくりと茹でた。
この方が、タンパク質とかに優しく、まろやかに仕上がるらしい。
嘘かホントか知らないし、それを確かめたりもしない。

茹でたて

この茹でたて出来たてを頬張るのが一番うまいらしい。
漁師めしなんかと同じで、自分で作った者だけの特権というやつだ。
ポリッっていったよ。
うまいよ。
このタイミングで嫁と娘が帰宅。
おおむね好評だ。

自家製ビールとともに

軽くソテーして、フライドポテトなんかも添えて、完成。
いよいよビールも飲みながら、試食会。

バジルの風味がいいし、大葉の香りもいいし、チョリソーもピリリと効いている。
うまいのは間違いないが、いささかニンニクを効かせすぎたか。
数本食べるとくどくなってくる。

と、いうわけで、70/100点。

ああ、チーズやタマゴは普通にうまいよ。
ただ、いちいち燻製にしなくてもうまいもんだよね。
あんまり得意じゃないんだよな、燻製のキツイやつは。
「じゃあなんで燻製にしたんだよ」という問いには、「ロマンだからだ」と答えておく。
関連記事
   21:05 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/215-4a17bf0c
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。