弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

ピーナッツ

ピーナッツ

スペインのホテルのエレベーター内で、なぜか客の外人(多分アメリカ人)に、
「Fufun...Oh,peanut. Hahaha」(向こうでピーナッツは、小心者とかの意味がある)
と罵られたので、とびきり上等な笑顔でニコニコしながら、
日本語で「やかましいわ、クソハゲ」(知らねーとでも思ったか)
と言ってやったら、
「Oh,Yes,Yes.」とかなんか笑顔で言ってたよ。

思い出すたびに、クソアメリカ野郎と思ってしまう。
白人至上主義というやつだ。

学校などで「人種差別」を学んで何が分かったかというと、
人種差別は無くならない、ということだけだ。

自分の中の、韓国人や一部の英・米人に代表される白人に対する思いも、
厳密に言えば人種差別に相当するのであろう。

だが、それを差別だからと、急に思い直せるものでもない。
何も初めからいきなり嫌いだったわけではない。
様々な事の積み重ねで、そういう意識が形成されているのだ。

サッカーの、ブラジルとアルゼンチンの構図に近い。
ブラジルとアルゼンチンは自他共に認めるライバルだが、
敵対心という意味では、
アルゼンチンがブラジルに対して敵意を剥き出しているのに対し、
ブラジル側はそんなでもない。
でもアルゼンチンがやたら噛みついてくるから、
それじゃあってことで、敵対している感じ。

日本と韓国も、ブラジルとアルゼンチンの構図に似ていると思う。

肌の色で優劣を付けるのは、もうどうしようもなく低俗だと思うが、
自国と他国の文化ギャップで生じる違和感までもを「差別」と呼ぶのはどうだろう。

全て受け入れろとは酷な話だ。
ワタクシはガンジーほど達観もしていなければ、犬も食えそうにない。
観光地では馬鹿みたいに大声でわめいたりせず、静かに大人しく観光したい。

日本人ですから、ええ。
関連記事
   21:07 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/229-62ce144c
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。