弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

宗教・哲学・ベジタリアン

宗教革命

あなたは電車の運転手です。
ある日、あなたが電車を走らせていると、
進路である線路上に5人の浮浪者がいるのを発見しました。
ブレーキはもう間に合いません。
このままでは間違いなく5人とも轢き殺してしまいます。
ですが、直前に進路を変更するレールがあります。
急遽そちらに進路を変更すれば、5人の浮浪者は助かります。
しかし、進路変更した先には、1人のエンジニアが線路上で仕事をしています。
こちらも、間違いなく轢き殺してしまいます。

この場合、どうするのが正解ですか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アメリカのある大学教授が出した問題。
大半の日本人なら、ああだこうだと迷ったあげく、
「ま、そもそも何が正しいかなんて、人それぞれじゃないか」
という結論にたどり着いてしまうんじゃないだろうか。

この問題、実はその「正解なんてない」が正解という、
「は?バカにしてんの?」
みたいな問題なのだが、それは我々が日本人だから、なのだ。

アメリカではこうはいかないらしい。
それこそがキリスト教をはじめとする宗教・信仰の問題だと件の教授は言う。

今回の場合、アメリカ人の多くのキリスト教徒は、
自分の意見をどうにかして「正しい」と証明しようとする。
「これこれこういう理由であるから、自分の意見が正しいのだ」と。
別の者が違う意見を言うと、正面からこれに食ってかかり否定し、
自分の意見を主張し、相手に納得させようとする。

なるほど、宗教とはそういうことか、と感慨深い内容だった。
一つの問いに対する正解が複数ある、と認めないのだ。

人類最大の嘘、人類最大の偉業が何かと問われれば、
「多くの人々に神は存在すると信じ込ませた事」だと思うが、
それは政治的な欲望からであり、決して哲学的な理由からではない。

宗教の話にはとにかく哲学を絡めようとする輩が多く、うんざりする。
ニーチェがそう言ったかサルトルがどう言ったか知らんが、

オマエはどう思うんだよ。

それがない。

「ダ・ヴィンチも、アインシュタインも、ベジタリアンだったんですよ?」
って言う菜食主義者と同類だ。

「だから何?」ってことだ。
そのあとがない。
「天才と呼ばれる人たちは野菜しか食べなかったんですよ。」
 だから、野菜しか食べない私は天才なんですよ。
 ベジタリアン=天才ですよ。」
と言いたいのか?それとも、
「天才のやることだから、理由はともかく間違いないですよね」
ということか?

ダ・ヴィンチやアインシュタインがウンコしか食ってなかったら自分も食うのか?
「そういうことじゃない、小学生じゃあるまいし」って言うだろ。

うん、こっちもね、

そういうことじゃないんだよ。小学生じゃあるまいし。

わかる?
関連記事
   20:49 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/258-a5814789
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。