弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

波だ

ジョー・パスみたいな顔したおっさんの軽トラに、朝からあおり倒される憂鬱。
危うくジョー・パス先生を嫌いになりそうになる。

ちなみにワタクシが誰かに「先生」とつけるのは、
ジョー・パス先生とにゃんこ先生だけである。


人間には波がある。
感情にも波はあるし、バイオリズムというのもいわば波だ。
定期的に、高級腕時計が欲しくてたまらなくなる。
でも、あるタイミングで別にどうでもよくなる。
波だ。
時計の波はBSで定期的にやってる、
スイスの独立時計師の特集を見たら、という気もするが。

なんの話かというと、
今、楽器製作の波が再びきている、ということだ。
やれやれだ。

ギターもタンバリンもハンドベルも作りたい。

でもまずはウクレレを作ることになりそうだ。
嫁用に1つ、必要になったのだ。
例によって全音のキットになるが、前作のような
「いらんことやりすぎた挙げ句に失敗」
ということにならないように注意しようそうしよう。

ウクレレ1号

ちなみに失敗作の1本目。
「誰がどう頑張っても絶対にチューニングは合わない」
というひどく退廃的な作品である。
これは現代美術界へのオマージュである。

ま、原因ははっきりしているので、2本目は頑張ろう。
次はピエゾタイプのピックアップを搭載するんだ。
塗装はフレンチポリッシュに挑戦するし、
ペグはギアタイプに交換するよ。
弦はアクィーラのナイルガット弦にするし、
ナットとサドルは象牙か鹿角か水牛の角か。
色々試すんだ。

波だ。
涙。

ええ。
関連記事
   20:40 | Trackback:0 | Comment:6 | Top

Comment

68 2010.04.24 Sat 22:06  讃岐のねこ #-
そこまで細かくしますか!
じゃあ現状のパミス粉では全然ダメですね。
さっそくやってみます。
Re: 大事なのは  [URL][Edit]
67 2010.04.23 Fri 23:19  蝠樂亭 #-
もう摺りましたか、早いですねぇw(゚o゚)w

でもパミス粉を作るときに一番大切なのは微粒子で、均一であることだと思います。
0.1mmの粒が一つでもあったら、悲惨なことになりますからねぇ。
僕のやった方法をご紹介します。
粉にしたパミスに水を加えてかき回します。
まだ水が濁っているうちに水を別様器に入れます。
だいじなのはこの「濁った水」の方です。
沈殿物をさらに細かくすりつぶします。
もう一度水を加えて・・・を繰り返します。
別容器に取った濁り水もしばらく置くと透明な水と沈殿に分かれますので、この水は捨てて、沈殿を乾燥させればできあがり!
手間はかかりますが必要な作業だと思います。
大事なのは  [URL][Edit]
65 2010.04.22 Thu 22:56  讃岐のねこ #-
「石臼みたいなのがあったらなァ」とは思っていましたが、
なるほど、それはいい方法ですね。

でも、乳鉢でもう砕いてしまいました。おほほ。
Re: パミスの作り方  [URL][Edit]
64 2010.04.22 Thu 22:34  蝠樂亭 #-
パミスの作り方ですが、

僕は無知だったので、(今もか?(^^;))軽石を金槌で丁寧に砕いて、篩って、なんて事をしましたが、そんなことをせずに作る方法を見つけました。

まずは軽石を「砂」と言えるところまで金槌で砕きます。
これをコンクリートブロックの上に撒きます。
平らでなくなってきた砥石を上から乗せて、ずりずりします。

軽石は擦れて砕けて粉になり、砥石は平面が出て使いやすくなる。

どうです、一石二鳥でしょ(^-^)
パミスの作り方  [URL][Edit]
63 2010.04.22 Thu 01:12  讃岐のねこ #CMaJerM6
ワタクシも全音キットは2台目です。

前のはネック材がマホガニーでした。
生産Lotによって、メイプルとマホの2種類があるようです。

少々急ぎの製作なので、記事以上のことはできそうにありませんが、楽しんで作ります。

パミス・・・庭に嫁が買った園芸用の軽石が転がってて、悩み中です。
  [URL][Edit]
62 2010.04.21 Wed 23:14  蝠樂亭 #-
全音のウクレレキットなら作ったことがあります。

ボディは思ったより出来が良くて、結構いい音がするので、真剣に作りましょう(^-^)

まず、ボディのマホガニーは少し厚すぎるので、一生懸命削りましょう。

次に、ネックがメイプルで、ボディに比べて重いので、自作する方がよいでしょう。

また、指板の材質が悪いので、是非黒檀に変えましょう。

そして、ブリッジも材質、作り共に今一なので、交換しましょう。

これに加えて、ペグ、弦交換、フレンチポリッシュ、PU追加なら完璧です。

えっ?そこまでやるならきっとなんか使わずに自作するよって?
全音キットなら  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/261-aadfe79f
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。