弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

神ヤスリ

車の窓にカーテン付けてるやつは信用しない。
絶対「黒」なのなwラグジュアリーw


制作中のウクレレはやっと木工が終わり、ついに塗装に入った。
当初の予定通り、ナマイキにも「フレンチポリッシュ」(以下FP)に挑戦である。

ごく簡単にFPを説明すると、
塗装にセラックのみを用いる伝統的な方法、である。
まあ「のみ」と言っても、各所で溶剤や研磨剤、オイルなんかも使う。
あの手この手でなんとか頑張ってセラックのみの塗膜を作る、
と言った方が近いかもしれない。

FPでも、まず最初に下地作り、目止め作業から入る。
ハケでペタペタとセラックを塗り重ね、乾燥させる。
3回塗り重ね、パミス粉を研磨材にした目止め作業開始。
タンポにアルコールを含ませ、そこにパミス粉を付けて円を描くように研磨。

このアルコールの加減が分からず、付けすぎた挙げ句、失敗する。
溶けすぎた下地セラックがよじれる(?)というミス。
それはいい。初めてなのだ。失敗など想定内である。

しかし、だ。
コツを掴んでキレイに研磨できるようになったものの、何か腑に落ちない。
確かにパミスで目止めできるのだが、ものすごく気の長い作業なのである。
労働量に成果が見合っていない。
溶媒であるアルコールは再々追加しなければならず、またその量もシビアである。
パミスを付けたタンポはすぐに穴が開き、新しいタンポがどんどん必要になる。
新品のタンポはまたアルコ-ル調整がシビアで・・・悪循環。
同じ労働量なら、紙ヤスリの方が圧倒的に効率的であるということに気付いてしまった。

なんなの?FPって紙ヤスリの無い時代の手法なの?

そんなバカな。
どうしてもパミスでの目止めにメリットを見出せなかったワタクシは、
裏板を磨いただけで、早々に耐水ペーパーでの水研ぎに切り替えた。
まあ早い早い。紙ヤスリ、いや、神ヤスリばんざい。

目止めにパミス使わなかったらそれはもうFPとは言えないのだろうか。
FPの定義が曖昧なのでよくわからないが、もしそれで
「おやおや、パミス使わなかったの?じゃあそれはもうFPじゃないねぇ」
とか言うんなら、FPクソくらえだ。

フレンチポリッシュ1
風船マスキング
フレンチポリッシュ2
タンポ達
フレンチポリッシュ3
パミスでの目止め
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:5 | Top

Comment

225 2011.01.11 Tue 01:23  四猫庵 #-
どうもはじめまして?

なぜもう半年前に教えてくれなかったのですか。

うそです。
次回頑張ります。
Re: タンポ  [URL][Edit]
224 2011.01.10 Mon 22:54  rastaman #-
目止めのとき(普通に塗るときも)はタンポに一枚布を被せてやっています。被せた布が破けたら交換します。そうすればタンポを作り直す必要はないです。
タンポ  [URL][Edit]
87 2010.06.01 Tue 23:00  蝠樂亭 #-
人を叱ることが出来るほど自分も上手くはないのです(^^;)

ねこさんは僕より随分きっちりしているので、しっかり作りたいのでしょうが、タンポはゆるゆるでないとこの後の本塗装もやりにくいと思います。
僕なんか自慢じゃないけど縛らずに指でつまむだけですから(^-^)ただ単に面倒だからという言い方も出来るなぁ(^^;)

せっかくだからもう一度挑戦するって言うのも良いかも?ですが、自分のやり慣れた目止めに切り替えるのも良いですね。
叱るなんてとんでもない  [URL][Edit]
86 2010.06.01 Tue 20:58  讃岐のねこ #-
ひょっとしたらお叱りを受けるかなと思っておりましたが、
まさか「タンポをしっかり作りすぎ」というオチとは、予想だにしませんでした。
だから他サイトで調べたタンポはゴムで縛ったりしてなかったのか・・・。

「ゴムで縛れば安定するのに・・・ぷぷ」
とか思ってスイマセンゴメンナサイ。

もう一回やってみようかな・・・。
Re: ちょっと違うような  [URL][Edit]
85 2010.05.31 Mon 23:33  蝠樂亭 #-
少しだけですがパミス刷りとタンポについて。

パミス掛けはパミス自体を骨材にして、パミスで削ったシェラックがアルコールに溶けて接着剤になって導管を埋める感じなので、ペーパー掛けとはちょっと違うかな。
パミス自体がアルコールでしっとりと濡れている状態をキープするため、タンポのアルコール量は一旦たっぷりと含ませて、指で軽く絞ったくらい。
その時に垂れたアルコールでパミスを湿らせてそれをタンポに少し付ける。
乾いてきたらアルコールを数滴追加。

ごしごし削らず軽く表面を撫でるぐらいで十分シェラックは削れて溶けます。
もちろんそうしてもタンポを包んだ布は傷むので、痛んできたら布を少しずらしてアルコールを数滴追加します。ウクレレなら手の平大の布一枚で済みそうです。

写真のタンポはしっかりと作りすぎで、これだと布が傷んだら最初からやり直さなきゃいけませんね。それじゃぁ大変だ(^^;)

でも、この工程は目止めすりゃいいわけなので、フィラーでも、エポキシでも、砥の粉でもOK。別にパミスでなくても何にも問題ではないと思います。
ちょっと違うような  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/301-5f38a77b
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。