弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

ハイテク機器(死語)

iPadをどうしてやろうかと悩んでいる。
本読むだけならキンドルでよさそうだし、ネットするならノートPCが良さそうだ。

何より、発売日のあの「行列客と店員のハイタッチ映像の気持ち悪さ」と、
「電車内やカフェテラスでおもむろにiPad取り出す気持ち悪さ」という、
この2点がどうしても購入意欲を鈍らせる。

この流れ、買わねーな・・・。

気持ちが悪い

こういうハイテク機器(死語)に対してネットで流れる情報というのは、
書き込むやつが相当マニアックな情報を一般常識のように書き込むので、
実はどうでもいい情報が、下手したら一番重要な情報のように扱われてしまう。

一般人とマニアの求めるニーズには大きな隔たりがあるが、
ネットの情報でその境界が曖昧になり、
本当に自分に必要な情報が手に入りにくくなったり、
最悪、自分の欲しかった情報が何だったのかすら分からなくなって、
マニアのニーズに共感してしまったりするのだ。

いい例がブルーレイである。
マニアは「DVDとは比べものにならない映像、音質」だと絶賛する。
が、よくよく考えてみると、一般人、少なくとも自分にはそんな高画質は必要無い。
DVDの映像で十分すぎる。
しかしマニアはブルーレイの映像にすらケチを付けたりする。
電気屋で2つ並べて見比べてやっと「ああ、ほんとだ、キレイかも」というレベル。

その一般人には分からない(どうでもいい)差を映像に表現するため、
DVDの5倍以上というせっかくの大容量を食いつぶし、
結局ブルーレイ1枚に映画1本という、従来のスタイルに落ち着いてしまう。

DVDレベルの画質なら、ブルーレイ1枚に映画5本入るってことだろ?違うの?
娘のために、ジブリの映画ブルーレイにまとめてくれよ。
映像美とかもういいからさぁ。

ぶっちゃけ、

そんな、毛穴まで見せられてもねぇ・・・

って気持ちなんだけど。

追伸:父さん、今買い替えるなら、ブルーレイだと思っています。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/303-b6603bb6
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。