弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

涙の比重

立った立ったと騒がれていたレッサーパンダはどうしているだろう。


北朝鮮の国歌斉唱で、チョン・テセが大泣きしていた。

ダメなのだ。

あんな本気の涙を見せられたら、応援したくなっちゃうじゃないか。

相手がブラジルだったこともあるが、
北朝鮮が得点したシーンには心で小さくガッツポーズしたよ。

少なくとも、女性の涙とは重さというか、比重が違う気はする。

高校野球期間中に放映される「熱闘甲子園」も同じだ。

・先天的な持病を持ちながらも頑張るエースの姿
・大会前にお母さんが亡くなった選手

こんなの見せられたら、応援するしかないじゃないか。

北朝鮮という国自体はどうしようもないかもしれないが、
やっぱりスポーツはそうじゃないんだ。

「日本のJリーグという存在が、
 韓国・北朝鮮にとってのスポーツのピースメーカーになっている」

たまにこういう鋭いことを言うから、侮れないんだよな、

デーブ・スペクターのくせに。

Spector Communications
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/321-0bd5433a
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。