弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

過去をもう一つだけ

人生において印象的な出来事があったとき、
その時期に気に入って聴いていた曲というのは、
何年か経ってから再び聴いてみても、
印象的な出来事があったその時の、その瞬間の心象というものを、
まさに再びその場にいるように、鮮烈に思い起こさせてくれる。

いい意味でも、悪い意味でも、だ。


それでも、ふと思うものがあると、
何とはなしにCDを引っ張り出してきたりして、
心静かに耳を傾けたりする。

ルイ・アームストロングのワンダフル・ワールド、
オリジナル・ラブの接吻、
オアシスのワンダーウォール、
最近だと、The FrayのHow to save a lifeなんかがその曲に当たる。

良い思い出も、悪い思い出も、ほろ苦い思い出も強制的に再生されるので、
じゃあ悪い思い出の曲なんて聴かなければいいじゃないか、と思うかも知れないが、
わざわざCD引っ張り出してきて聴く曲というのは、
どちらかというと悪い思い出の曲の方が多かったりする。

悪い思い出は、必ずしも忘れたい思い出とイコールではないのだろう。

一言に「悪い」と言うからいけないのだろうか。
「辛い」「しんどい」「寂しい」
そうやって細分化していくと傾向があるかもしれないが、
なぁに、おれの思い出だ、細分化する必要などない、
というのが現在の心境である。

晩夏にオアシスのワンダーウォールを聴くと泣きたくなる。
でもそれが、夏が好きな理由の1つかもしれない。

特に意味のない記事でした。

音楽って、ほんっっっとにいいものですね。
それでは、サヨナラ、サヨナラ、、、サヨナラ。

淀川 長治
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/371-26dc566d
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。