弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

後輪がハの字

市か県か忘れたが、3人乗り自転車に補助が出るというので、今後の為にと購入した。
3人乗り
長女はこれが気に入ってしまい、「じてんしゃのるか」と毎日せがむ。
というわけで、毎日自転車で5分ほどの海水浴場まで走る。
海水浴場といっても小さな入り江の砂浜で、普段は近所の人が犬の散歩してるくらい。

先日、正午くらいに娘が「じてんしゃのるか」と言い出したので海へ。
日曜だったせいか、いつもの閑散とした海水浴場ではなかった。
シボレーのクソでかいワゴンとか、頭の悪そうな改造アリストとかが路駐してあった。
海水浴場に入ると、30代後半から40代と思われるおっさんの一団がいた。
オバハンも少し混ざっていた。

いい大人が本気で場所取りし、本気でバーベキューし、本気で水上バイクをしていた。
10台くらい一斉に、ブイブイ走り回ってる。
いや、それはいいんだが、それでもなんだか大人げない雰囲気を感じた。
すみっこのほうで一家族だけが小さな子を泳がせていたが、不憫でならない。
プレジャーボートも一艘出ていて、ボードに乗った人をロープで引っ張ってる。
水上バイク10台の音がブイブイブイブイとにかくやかましい。
時折プレジャーボートから「ヒャッホ~ウゥ!」とか言う声が聞こえる。
ちょっと頑張ったおっさんのウラ声だ。いたたまれない。
とにかくすみっこの一家族が不憫でならない。

やれやれ、と早々に引き上げた。
当たり前のように酒気帯びで運転して帰るんだろうな。
いい大人がはしゃぐには、それなりにルールというか、そういうのが暗黙のうちにあるだろうが。
「若い」と「幼い」の違いぐらいわかれよ。

で、その日の夕方。
娘がまた「じてんしゃのるか」と言うので、再び海水浴場へ。
バカどもの一団と不憫な家族は帰っていたが、砂浜にはバカ一団が残したゴミの山。
ものすごい量のビールの空き缶や空き瓶、食いきれなかったバーベキューのカス。
空気の抜けたシャチまで打ち捨てられていた。

さすがに地元民が怒るだろうと思うのは甘い。
地元民は地元民で、犬のクソとか平気で浜辺に放置する。
これがものすごい量で、気を付けないとすぐに踏んでしまう。
そんな程度のマナーなんだよ。

ゴミだらけのクソだらけ、
海水浴場か?ここ。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/378-bec368bb
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。