弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

はたと気付く

まいったな、昨日よりも首がヤバイ。


――――― 日々、合成漆を塗り重ねている。
失敗しては研ぎ、研ぎすぎて下地を出してしまっては塗る。
塗ってムラができるとまた研ぐ ―――――
                    (五点三工房 著 「漫筆録」より)

こう書くと、どこかの伝統工芸士かなんかの雑誌のコピーみたいだ。

自分もまさにそんな感じで漆塗料を塗りたくっている。
シンナーの臭いは好きでも嫌いでもなくて、苦手ではない。
ただ、小さい人や犬や猫がいるので、そこには気を遣っている。

なので個人的には、乾燥が早くてノリのいい油性塗料ウェルカムなのだが、
今回のような、チマチマ塗って乾燥塗って乾燥を繰り返す漆塗料は分が悪い。
一度塗ったらすぐ筆と塗料カップを溶剤で洗わなければならない。
溶剤の消費量がハンパでないのだ。安いとはいえタダではない。

明日からはラップ張って保つかどうか試してみる。


作業的には、木地がだんだんと平滑になって、顔が写り込んでいく様は実に楽しい。
螺鈿柄のイメージも固まっている。
蝶の標本針用の箱なので、蝶を飛ばす。
何の花に飛ばすか考えたが、自分に縁の深い「藤」に決定した。

あとはセンスの問題だ。
どれだけ洗練されたデザインにできるかは

自分で自分のハードルを上げていると気付いた。
はたと、気付いた。

伝統工芸師・佐治武士
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:4 | Top

Comment

149 2010.09.16 Thu 07:58  Cuatro Gatos #-
カシューというと、塗料も溶剤も高いというイメージがありますね。
ワシンの合成漆との違いをよく知りませんが、(そして調べませんが)
あの価格差なのだから、おそらくモノが違うんでしょう。

みんな色々な方法でケチケチ(語弊)していて、
そういう部分で人知れず安心しています。

小物ならカシューで拭き漆とか試してみたいですね。
Re: 塗料の保管  [URL][Edit]
148 2010.09.15 Wed 23:20  蝠樂亭 #-
カシュー塗りは苦手で(あの乾燥時間が・・・)あまりやったことはありませんが、私は筆を洗う方です。

筆を洗うときは少量の薄め液を容器に取り、筆を浸して(洗わずに)新聞紙に吸わせるを繰り返すと、薄め液の消費が少なくてすみます。最後のほんの少し残った薄め液をカシューの缶に注ぎます。このときにかき混ぜなければ、カシューの上に薄め液で蓋をすることになるので、膜が張ることはありません。
もちろん、入れる量が多いと、缶の中のカシューが薄くなりますが、どうせ使うときに薄めるのだから、まぁいいか(^-^)です。
塗料の保管  [URL][Edit]
147 2010.09.15 Wed 22:38  Cuatro Gatos #-
ラッコの件以外、大変参考になりました、ありがとうございます。

現在100均のミニタッパーが机上に散乱しておりまして、
まあ中身は骨やらエビやらなんですが、
ここにさらにミニタッパーが増えるとなると、
いいえ、整理します、はい。

おおよそレアな部類で、一人じゃないんだと励まされましたよ、ええ。
Re: タイトルなし  [URL][Edit]
146 2010.09.15 Wed 22:05  五点三工房 #-
私はヘルニア系首痛持ちですが、激しく寝違えたときはアリナミンAを3錠飲んで寝ると翌日以降軽減していきますよ。一度お試しを。

私も貝を載せる段階にまで来ました。デザインが全然決まっていないので、しばらく悩みます。

「貝をのせる段階」っていう自身の言葉にラッコを描く私です。

塗料の容器は100均のミニタッパーセットを買って、1週間で1つ使い捨てています。少し薄目にしないと膜が張ってしまうのですが、蓋ができるので3日は持ちますよ。
刷毛は2cm幅のものをペットボトルの中で刷毛先だけシンナーに浸るようにして蓋をして保存しています。つまり、洗っていません。

そうしないと金が・・・。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/409-434697bc
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。