弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

透明骨格標本の製作(概要)

完成予想図

透明骨格標本、ついにというか何というか、やっと製作を開始。
エビ捕まえるのが面倒くさかったとか、
最後までメダカでやろうかどうしようか悩んだとか、
合成漆塗るのが楽しいとか、
やっと製作開始。オメデトウアリガトウ。
計画としては、当初の予定通りスジエビでのテストサンプルを開始。
データを取ってから、メダカなり魚類に移行するつもりだが、
途中経過と気分次第で平行して魚類もテストするかも。

今回から完成までここで公開していくので、興味がある人は見ていってくださいませ。

まず第一回目は、「概要」の説明。

---透明骨格標本とは----------------------------------------------------------

通常、骨格標本と言うと、ご存知のようにまさに骨だけの状態で、
皮や肉を落とし骨だけを取り出し、それを組み立てた物、という定義でした。
透明骨格標本は、素体はそのままの状態で(場合によって皮、内臓は取り除きますが)
素体の骨格を観察できるようにしたものです。
具体的には、筋肉を透明化、硬骨を赤紫、軟骨を青色に染色し、素体の骨格を可視化します。
つまり、骨を一度もバラバラにせず、生きていたそのままの状態を観察できるのです。

一見敷居が高いように感じるかもしれませんが、
使用する薬品は一般に入手可能で、それほど危険なものもありません。
お金さえあえば誰でも製作できるものです、おそらく。

通常、筋肉の透明化には蛋白質分解酵素と塩基性溶液の併用で行うのですが、
蛋白質分解酵素は価格が高く、また入手先も限られてきますので、
今回は塩基性溶液だけでの透明化を試みます。そういう意味での「テスト」です。

なんのことやら分からない人はとりあえず読み飛ばしていただいて、
工程の詳細でフォローしていくことにします。
後々HPのほうにまとめますので、そちらも参考にしてください。

-----------------------------------------------------------------------------

次回は必要な物をまとめて紹介する予定にした。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

Comment

151 2010.09.17 Fri 08:03  Cuatro Gatos #-
はい、素晴らしい出来です。
写真の完成品は、どこかの誰かが作ったものなので。

ワタクシはまだ素体をホルマリンに漬けただけです。

正直、透明化さえうまくいけば後の工程は無問題なんですが・・・。
酵素を使わずに透明化する方法を確立するつもりでテストしていきます。

頑張ります。

漬けたらしばらく待機なので、
主に漆塗りを頑張っています。
Re: すばらしい!!  [URL][Edit]
150 2010.09.16 Thu 22:51  蝠樂亭 #-
素晴らしい出来ですね。

こんなのを見せられるとついやりたくなってしまいますが、楽器を作るのが忙しくて、その次に犬の散歩があってetc.・・・残念ながら自分ではやりませんので応援だけします(^^;)
すばらしい!!  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/410-4ae1a9a7
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。