弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

骨格標本の製作

父さん、骨格標本です。
「透明」じゃないほうの、正統派骨格標本。
そう書くと「透明標本」は異端みたいに聞こえるが、
実際そんな感じなので否定はしない。

剥製は受付けないが、骨格標本はウェルカムだ。
生きてる感じがしないのがいい。
なんせ骨だしな。

ただ、これを自作するとなると問題だらけである。
一般的な作り方は、

①山や道路で比較的キレイな動物の死骸を探す。
②死骸を持ち帰り、皮を剥ぐ。(剥製も作るなら、キレイに剥ぐ)
③肉は鍋でぐらぐら煮込む。
④もうひたすら煮込む。
⑤柔らかくなった肉を外し、骨を取り出す。
⑥取り出した骨を

めんどくさいのでもう書かない。
どうせ作んねーし。
煮るとか無理だし。

でも骨格標本は欲しい。
そ・こ・で。(平野レミ風に)

まあメジャーな方法なので、ちょっと検索すればすぐヒットするが、
「手羽先」や「豚足」から骨格標本を作製する方法である。

これならば微塵も罪悪感がない。余裕だ。
詳細は追ってHPにでもまとめるが、
気になる人は検索すればいくらでもヒットするのでそっちで。

完成図ね。

手羽先
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:2 | Top

Comment

176 2010.10.12 Tue 23:27  Cuatro Gatos #-
カツオブシムシ(でしたっけ?)による自然分解ですね。
他の動物に持っていかれないように網で囲いをして、
山中に放置するだけでいいそうです。

いいそうですが、やはり抵抗がありますね。
山に分け入るのもアレですし、腐乱したやつとかアレですし。
Re: ちょっと気持ち悪いけど  [URL][Edit]
175 2010.10.12 Tue 23:12  蝠樂亭 #-
骨格標本の作り方ですが、こんなのもあります。

皮を剥いたところで、庭に穴を掘りビニールシートを敷いて
(骨が散逸しないようにするため)ここに埋める

数ヶ月程度放置する
掘り出す。
このとき出来るだけ骨の位置関係を崩さないように。

組み立てる

ていう方法もありますが、臭いを防ぐためには結構
深く掘る必要がありますし、完全に腐らないと掘り出そうと
したときに吐くでしょう(^^;)
ちょっと気持ち悪いけど  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/436-fbe0097a
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。