弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

アンチエイジング

ギターパーツなんかを物色していると目に付くのが、
エイジド加工、エイジングとか言われる処理をされたパーツ。

物自体は新品なんだけど、長年使い込んだように見せかける表面処理なんかを施したパーツだ。

まったく理解できない。
ほっときゃ古びていくのに、どうしてわざわざ古びたパーツを取り付けなきゃならんのだ。

いや、言いたい事はわかるよ?
古びたパーツには特有の味があるってことだろ?
その「味」を手っ取り早く手にしたいってことだろ?
「ヴィンテージ」が「カッコイイ」と思ってんだろ?

まったく理解できない。
何度も言うが、ほっときゃ勝手に古びていく。
普通は(というか自分の感覚では)、できるだけ古びた感が出ないように、
クリームやオイル塗って磨いたり、メンテナンスしたりするんじゃないか。

そうやって手入れしながらもちょっとずつ古びていって、
やっとあの「味」が出るのではないか。
自分の手で磨いて、使い込んでこその味ではないのか。
革製品とかジーンズとかもそうだろう。

金出してポンポンっとパーツ変えて「ヴィンテージ」とか、ハゲロ。
こういうやつは、ニセモノのヴィトンの財布とか持ってるんじゃないか。

中には「ヴィンテージ加工します」みたいな業者もある。
塗装のクリヤー面にわざとクラック入れたりするらしい。
わざわざ金出してまで自分のギターにヒビ入れるとか、
アタマオカシインジャナイカと思ってしまう。

ギターはインテリアじゃねーよ。
弾け弾け。楽器だ、それ。
弾いてりゃ勝手に味が出るんだよ。
それも「完全に自分好みの味」だ。
弾け弾け。

フランケン

有名なフランケンだが、もうリペアしたくてしたくてウズウズするよね。
ここまでいくとパンクとかロックとかじゃなくて、ただ汚い。
一回全部塗装剥いで、電気系も全部オーバーホールして、
ちゃんとしたピックアップ乗せて、金属パーツ全部磨いて。
上品なシルクのハンカチみたいに、ライトブルーに塗装したりしてさ。

言ってしまえば「アンチエイジング」だが、
世の女性が言うそれとは正反対なので念を押しておく。
年月を重ねる事に抗うのではなく、歳相応に変化したい。

ワタクシはそこまで弾きませんよ、作るの専門ですから。
お金くれるならエイジングも引き受けますよ、嬉々として。ええ。
楽しそうじゃん、ピカピカのP.U.カバーを酸で腐食させたりとか。
ホンモノのギブソンにヒビ入れるとか。
人のだし。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/475-c7e8b3a0
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。