弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

松島って季語?

俳句と川柳の違いってなんだよ、というのがたまに話題に上る。

俳句ってのは「季語」や「切れ」等の決まり事が多く、
川柳ってのはそういう煩わしい決まり事を排除して、
5・7・5だったら何でもいいと簡略化したものだ。

囲碁で言うところの五目並べみたいなものだろう。

俳句と川柳どっちが先かというと、やっぱり俳句が先なんだろう。
で、当時の「イマドキの若いモン」が、
「チョリッスー、オレも俳句やりたいんスけど、難しくてw」
とか言って、何回教えても「季語」とか「切れ」とか理解できなくて、
「もういいよ、音が5・7・5になってたらそれでよしとする」
ってなって、
「でもそれは俳句じゃないからな。決して俳句じゃないからな」
ってなったのが川柳の誕生だと思うんだ。

調べないよ、ホントのところは。


俳句ってのは芸術とかに昇華してほしくはないと思う。
季語や季節感を無視してもいいっていう「無季派」とかいるらしい。
そしてそれこそが旧来の俳句を打ち壊す新しい俳句だと主張しているという。
そういうことじゃないとは思う。

個人的ではあるが、俳句の醍醐味、魅力は、

即興の妙

ではないか?

音を5・7・5にまとめ、季語を取り入れ、切れというルールも守り、
情緒たっぷりの句を、その場の思いつきで瞬時に作るのだ。
そういう瞬間のひらめきの中で、
季語がセンス溢れるものだったりすると、もうたまらない。

ねづっちの瞬間的な「整いました~」に通じるものがある。

前もってじっくり考えて用意してきた俳句や謎かけに魅力などないだろう。

芭蕉


元祖、何の話でしたっけ的記事だな。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/508-4bb041a5
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。