弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

砂丘ボランティア

米からパンは出来ても、パンから米は出来ない。
まだそういう時代だ。
まだ、な。

砂漠のバラ

エコが声高に叫ばれ、温暖化対策に目を血走らせる昨今だが、
様々なエコ的活動が一体全体どういう効果をもたらすのか、
一つ一つの活動に明確な答えがないまま、
盲目的にエコ活動をする連中が増えていて、
まあ勝手にやってる部分は別にいいのだが、
それを遠回しにでも押しつけられると正直メンドクサイ。

「エコだからやってみて」とか言うのだ。

こういう場合のほとんどが、
「エコ=なんらかの形で財布に優しい」
という図式が成り立つので、まあ正直メンドクサイ。

エコってのは本来、相応のコストがかかってくるものだ。
分別したゴミをしっかり資源として再生するのだって、
緑化の為に苗木を植えるのだって、莫大なコストがかかる。

家庭でわざわざ分別して捨てられたゴミは、
結局のところ最終的に一カ所に集められ、
そのまままとめて焼却処分されてしまうだけなのだ。

何の為に分別したの?という感じになっても仕方ない。

鳥取砂丘に植物がたくさん生えてくるから、定期的に除草作業を行うらしい。
除草作業を行うのは地元ボランティアだという。

「エコのため、鳥取砂丘を緑化しよう!」
と声高に叫ばれないのはなぜか。

一方ではボランティアがせっせと苗木を植え、
一方ではボランティアがせっせと砂漠を維持する。

それが悪いってんじゃないよ。
地球に優しい環境作りと、人間の住みやすい環境作り。

どっちが正解だ?という話。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/529-cc5353ed
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。