弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

ドードーの話 #1

何を隠そう、密かにドードー大好きだったりする。
「絶滅した動物」といって一番に思い出す、アレね。

ドードー うちのドードー。

しばしば絶滅動物、絶滅危惧種のシンボルとして扱われるドードーだが、
内容は概ね、「人間が悪い」ということに集約される。
その意見に賛否両論あるのは、つまるところ、

人間の介入で絶滅したというのなら、その動物が弱かっただけ。
現代には人間の介入など意に介さず、繁殖を続けている種だってあるじゃないか。
人間だって自然が生み出したもの。自然の一部だろう。
急激な環境の変化で言えば、地震や火山の噴火と変わらない。
「進化」を「環境に適応すること」と定義するなら、
絶滅動物は適応能力が低かった、と言わざるを得ないのではないか、と。

ドードーに関しては、発見から180年ほどで絶滅したのだから、
適応とかそういうレベルではなかったようにも思うが、
上記の意見に対しては、まあ概ね賛成である。

それが魅力でもあるのだが、とりあえず、ドードーはアホだったのだ。
良く言えば純粋無垢とかいう表現ができるかもしれないが、
飛べない、走れない、人間怖がらない、産む卵は年に1つ、とか、
「海に入れないペンギン」みたいな感じだ。
例え人間が介入していなかったとしても、
環境が少しでも変化すれば、絶滅するのは目に見えている。

身近にそういう例もあるが、長いな、よし、続け。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/555-3df5374f
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。