弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

終の車

以前、終の曲という話をしたと思う。

自分の人生で行き着くであろう曲を発見した、という話だったが、
(もちろん31歳現在の話である)
「終の車」というのはもうずいぶん前から決まっていたりする。

散々言っといてなんだが、ワタクシの今思う終の車はコレ。
ロータス エリーゼ
ロータス エリーゼである。

なんでえなんでえ、あれだけ国産車推しといて、結局外車かよ。
そう、外車だ。

10代と20代前半、若いというだけで「スープラ」と「180SX」に乗った。
20代後半、メーカーの物作りに対する姿勢に惹かれ、「レガシィ」に乗る。
30代、家庭を持った今、7人乗りのファミリーカーに乗り換えた。
40代、きっとまたファミリーカーに乗り換えるだろう。
50代、環境はぐっと落ち着いてきて、「レガシィ・アウトバック」とかに乗るかもしれない。
60代、定年を迎え、子どもも自立し、嫁と二人で乗る車。

それが、ロータス エリーゼ。

カッコイイじゃないか。
60代で初めてライトウェイトのオープンカーに乗るんだぜ。

こういう系統の車の中では手を出しやすい価格帯であるというのも大きいが、何よりこのデザインは国産車にはない洗練されたセンスを感じる。

何度も言うが、これは31歳現在の話である。
31歳現在、カタログとミニカーを眺めているだけで満足ではある。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/561-024e7e85
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。