弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

躊躇いのナイチンゲール

まだまだ酸欠講習のお話。

初日は缶詰め座学で筆記試験範囲を一気に詰め込み、
二日目は実技講習になる。もちろん実技にも試験がある。

酸素濃度測定と、硫化水素濃度測定の実技、
そして心肺蘇生の実技試験だ。

もう何度目だろう、心肺蘇生の実技。
仕事柄、資格を取るたびにやらされているような気がする。
一番最初は、車の運転免許の講習だったか。
一般の人ならそれくらいしか機会がないのではなかろうか。

個人的にはもう4,5回目で、
さすがに「もういいよ」という心境であったが、
その内容は実は数年単位でこまめに変更されている。

例をあげると、
人工呼吸2回に心臓マッサージ20回が1セットだと教わったのが、
次の講習では人工呼吸2回に心マ30回で1セットに変更になっていて、
今回の講習ではついに、
「人工呼吸はもういいから、とにかく心マを続ける」
という内容に変更されていた。

理由は単純で、
見ず知らずの他人に人工呼吸するのは躊躇われる、
で、躊躇ってる間に手遅れになる、
だからもうやんなくていいから、とにかく心マやってろ、
ってことらしい。

まあ、納得だ。
チャーミングな女性ならまだいいが、
アブラギッシュなオッサンが倒れたら躊躇もしようというものだ。
勝手な想像だが、心臓麻痺とかで倒れるのって、
ギッシュなオッサンのが確率高そうじゃないか。

さらに吐瀉物なんかあると最悪だ。
「人命がかかってるんだぞ!」とか言われても、
倒れたギッシュなオッサンの口元がもんじゃ焼き状態なら、
例えフローレンス・ナイチンゲールでも躊躇もしようというものだ。

いい機会だから今日は皆さん覚えて帰ってください。
無理してマウストゥマウスしなくてもいい、
心マを続けて、とにかく脳の血中酸素を絶やさないように。

ナイチンゲール

今回珍しく実用ネタだったが、
ちなみにもんじゃに何か恨みがあるわけではありませんよ。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/570-192279fa
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。