弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

本気でストラップ 概要

知識というのは、人に教えることができるようになって初めて知識。
その知識が真実か否かはまた別の問題。


「本気でストラップ」の概要を説明しよう。
説明する必要はないだろうが説明しよう。

今回のストラップは、以下3つの伝統工芸品を組み合わせて作る。

・蒔絵、螺鈿細工
・組み紐
・とんぼ玉

まあ見るからに和なこれらを、全て自作するのだ。

蒔絵、螺鈿はまあ経験もあるので、より高いレベルを目指そうと思う。
とんぼ玉、ガラス細工に関してはまったくの未経験なので、何とも言えない。

というわけで、軸になる組み紐から取り組んでいる。
こうなると、「どこから作るか」というのがクラフトジャンキー永遠のテーマだろう。
糸ならば、蚕を育てるか綿花を栽培し、糸車を自作し、己で糸を紡ぐもののふもいる。

やらないけどね。時間かかるから。
せめて縒り糸から、とも思ったが、くるくる捻るだけなので割愛した次第。

組み紐で有名なのは、江戸組み紐だろう。
正絹で作りたかったが、価格の関係でレーヨンで妥協。
ちゃんと1864年創業という江戸の老舗の糸店に注文した。
届いた糸は大変美しく、満足である。
(そもそも糸に対して美しいと思ったことが初めてだったが)

白、紺、濃紺の3色を、八つ編みにする。
練習でちょっと組んでみたが、とてもキレイだ。

白2、紺1、濃紺1の比率で組むので、
色のイメージで言うと、デルフト・ブルーを連想できる。

デルフトブルー

もっとマシな例えがありそうな気はする。

デルフトで思い出したが、そう言えば陶芸しな
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/676-3cb3d343
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。