弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

ヒマワリじゃなくてもいい

はす向かいの家の玄関前に、最近ヒマワリの鉢が2つ置かれた。
他意は無いものと思いたい。

ヒマワリ

ヒマワリが放射性物質を吸収するという噂が飛び交っている。
それ自体は嘘ではないようだが、どうも話が一人歩きしている感はある。

「土壌の放射性物質をわずか20日で95%以上除去した」というのは明らかに言い過ぎだ。
ちょっと調べると、どうもどっかが開発したという、「遺伝子操作をしたヒマワリ」がその能力を有している、と「主張している」だけらしい。

だいたい、ちょっと考えれば解ると思うが、
「土壌から根を通して吸収する」んだから、鉢に植えたってしょうがないだろ。
光合成みたいに空気中から吸収するわけじゃない。

で、吸収するだけで、分解するわけじゃない。
じゃあ吸収された放射性物質は?
株に蓄えられているだけだ。
一年草のヒマワリは秋になれば枯れる。
枯れて土に帰れば、放射性物質も土壌に戻る。
それを防ぐならば、晩夏にヒマワリが枯れる前に刈り取らなければならない。
もちろん可燃ゴミになど出せない。
それはもう立派な「放射性廃棄物」だ。

吸収する部分(根、茎、花)以外は大丈夫というが、
その根拠をキチンと説明している記述はなかった。
まちがっても種を収穫して食べたりしてはいけない。

まあヒマワリに放射性物質を吸収する能力があること自体は事実っぽい。
(その能力の強さは別として)
なので、汚染地域にヒマワリを植えるのは全然構わないのだが、
最終の処理までキチンと考えて行ってほしいということだ。

つっても、どの情報がどこまで真実かなんて量りかねますがね。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/677-6ff5693c
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。