弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

螺鈿小箱完成

螺鈿の小箱、完成しましたよ。

螺鈿の小箱

カエデの葉に螺鈿、枝に蒔絵。
しかもなぜか金でなく銀蒔絵。
な~んか、蒔絵は金より銀の方が好きなワタクシです。

最初は、貝を貼り付けるのと一緒に蒔絵も施して、上から漆塗料を一塗り。
まとめて同時に研ぎ出してやろうと企んだわけだが、
貝が研ぎ出されても、蒔絵部分はまだ出てきていない、という失敗。

仕方がないのでとりあえず螺鈿部分を磨き、蒔絵はあとから施して、クリア吹いて仕上げとした。

螺鈿が難しいのはもちろんだが、ちょっと蒔絵ナメてた。
自分の持つ最も細い筆(0.8mmの面相筆)でも太すぎると感じた。

蒔絵用の筆を調べてみると、細かい下絵にはやはり、究極に細い筆が必要らしい。
筆が細いということは、毛の本数が少ないということだ。
少ない本数で漆をたっぷり含ませるには、やはりイタチやネズミなどの、細くてコシの強い毛がいいということになる。

高いんだよね、イタチの筆。
欲しいんだけどさ。

やっぱり螺鈿と蒔絵はセットだ。
それですごく作品の幅が広がった思いだが、
それが良いことか悪いことかってのは、まあ、考えないでおく。

次回は気になる小箱の中身のお話。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/680-7b7156fb
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。