弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

低きハードルのさらに下では

家族でイオン行ったついでに、夕飯を食べて帰ることにした。
嫁が「中華以外受け付けない」と言うので、レストラン街の中華料理店へ。

夕方の6時前だったが、他の客はゼロだった。
店内はなんだか薄暗い。
まさか節電というわけではないだろう。
入ってすぐのレジカウンターに座って雑誌を読んでいた中年女性の店員が、こちらに気付き、おもむろに立ち上がる。

「いらしゃいませ」

限りなく日本語に近いが、日本語のイントネーションではなかった。
中国人であろうが、だが日本語は上手い方と言っていいだろう。

別に味に期待するわけではない。
イオン内のちょっとした中華料理店に、そこまで高貴な味を求めたりしない。
例えるならば、サービスエリアの食券で購入するラーメンやカレーライス。
そういう、65~70点の味、10人中9人が「まあまあ」と思う無難な味。
設定したハードルはその程度の代物だ。

出てきた天津飯セットは、まあ、45点くらいだった。

でも、ホラ、中国人が作ってるじゃないか。
どこ省出身かは知らないが、本場の味ってことだろ?
ラーメンだって、カレーだって、ピザだって、本場で食うより日本で食ったほうがウマイじゃん。
結局、日本風にアレンジされたものが嗜好的に合うというだけで。
本場の味って、そういうことだと思うんだよね。

そういう意味で、「日本食が世界一だ」と叫ぶつもりもないし、
天津飯セットが45点だったからって、「本場の中華料理クソ」と叫ぶつもりもない。

中国人だって頑張ってるんだよ。
日本で稼いで、故郷の家族に仕送りしてるんだよきっと。

設定したハードルが低かった為、特に失望とか絶望とかなかったが、
会計の時、ふと伝票を見ると。

注文はハングル文字で書かれていた。


えー

天津飯
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/689-04a0aa5d
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。