弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

ちなみ損ねた

世の中、自分をしっかり持った人というのは、ある高いレベルでは概ね歓迎される傾向があると言っていいが、それでもやはりTPOくらいは弁えないと失敗するものだ。

こないだの辞任した大臣とかね。
歯に衣着せぬ物言いは、一定の固定客は間違いなく取れるものの、
いざ対象が「一般大衆」となると、それはむしろ長所よりも短所と取られてしまう。

件の元大臣を擁護するわけではない。
地元ではああやって票を得てきたんだろうが、それがどこでも通用するほど甘くはないということだ。
器が小さいとか、おのぼりさんとか、そういう形容詞。

うちのブログとよく似ていると思う。
器が小さいとか、おのぼりさんとか。うるさいわ。

歯に衣着せぬ物言いをしつつ、TPOを弁え、上手に立ち回れば、それは個性的等と受け止められ、「一般大衆」に歓迎される。
この場合の「一般大衆」というのは、個人レベルではなく、集団、群としての意識のことだ。

上司のオヤジギャグに相槌を打てず、会社の飲み会は露骨に参加を拒否し、
人間嫌いとかいうあだ名を付けられても意にも介さず、
レベルの低い人間関係を築く気になれないプライドの高い新入社員とか。

難しいことではない。もっとうまく、丁寧にやりなさい、ということだ。

そういう意味で、石川遼の応援歌をさだまさしが作った、という話は興味深い。
まさにお手本のような、石川遼の対応。

うちのブログだったら、

さだまさし空気読め

とか言っちゃうと思う。

だって、事あるごとにさだまさしの歌が流れるんだぜ?
自分のテーマ曲さだまさしかよ、ってなるんだぜ?
TPOを弁えるのはさだまさしの方だろ、とか。

TPO

なんか、七夕にちなんだエピソードを書こうと思ったんだけれど、
なんか、ちなみ損ねた次第。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/707-04713906
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。