弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

ミシンすげぇ

HP更新しております。

凧

さて、凧ができましたよ。

専門的には、スポーツカイトというジャンルで、「デルタカイト」という形になるようだ。
糸は一本、これはシングルラインというらしい。
上級者は、ダブルライン、クアッドライン(糸が4本!)というカイトを使うらしい。
クアッドなんて、両手と両手首で糸を操作して、カイトを上下左右だけでなく、前後にも操作できるらしい。
そこまでして何がしたいのかなんて、凧初心者の自分には見当もつかない。

そもそも「凧あげ」なんて言ってると怒られるんだろうな、とは思う。

別にこの凧でスポーツ的でカイト的な事をしたいわけではなく、実はこれにデジカメをぶら下げて空撮するのが目的。
なので、こう見えてかなり大型の凧である。
最大幅230cm。こんな凧、今まで揚げたことない。

できるだけ軽くないといけないというので、骨組みにはカーボンパイプを使用。
本体素材には、リップストップポリエステルというのを使用。
格子状に編まれたポリエステルシートなのだが、これを入手するのに手間取った。
日本では個人製作レベルでの切り売りをしてくれるメーカーは無く、海外から個人輸入するしかない状況だったが、安い物買うのにバカ高い送料払うのがやりきれなくて、躊躇していた。
先日やっと国内オークションで3m売りに出されているのを発見し、購入した次第だ。

だから紺色なのですよ。
ハデなオレンジとかがよかったんだけどね。

縫製はミシン縫いだ。
ミシンなんていつ以来だろう、記憶にないが、使ってみるとまあ、感覚でなんとかなるものだ。
機械に強いという自負はありますよ。
説明書読まなくても、大抵の電化製品、機械は使えるよね。
それはいい。

改めてミシンを使ってみた感想だが、すごいな、この機械は。
ミシンを使いながらふと思った、(こういう機能があったらいいのにな)という機能は、とりあえず全て搭載されていた。
これには衝撃だった。そして、なるほど、だった。
下糸巻きとか、感動したね。
それでいてこのコンパクトボディ。
しかも小さすぎない(きっともっと小型化できるんだろうけれど)丁度良いコンパクト加減。
ギュっと詰まった感じ、必要美と同時に洗練されたシェイプ。

通販番組みたいなのでやめる。

凧はできたが、実はまだ飛ばせない。
その理由は、またいずれ。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/716-dacc03c4
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。