弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

悪ふざけの方向性

上品で伝統のある「アジフライ」が紹介されていたが、
ワタクシはアジフライというものに、「上品さ」や「伝統」は求めていない。


個人的に、「悪ふざけ」は好きである。
イタズラとかドッキリとか、そういうレベルの悪ふざけは大好物である。

ただ、最近のテレビ番組でやっているような、「芸人を色仕掛けで騙す」的なドッキリは好きではない。
騙されている芸人を見ていると、なんだか胸が痛くなってしまうのだ。見ていられなくなる。
理由はよくわかりませんが。

昔「元気が出るテレビ」でやっていた、100人シリーズなんか最高だった。
路地を歩いていたら、いきなり「逃げろ!!」と声がして、路地の奥から人が100人ドドッと逃げてきたり、前触れ無く背後から力士が100人どすどす走ってきたり、無茶苦茶だった。

ドッキリはそういう方向性が好きです。

最近見た悪ふざけでまったくダメだったのはこれ。
インド人完全無視カレー
こういう方向性の悪ふざけはまったく受け付けない。
節々の文言等から製作陣のドヤ顔が脳裏に浮かび、嫌悪感しか沸いてこない。
最近のバラエティ番組は大半がこの系統なので、すっかり辟易している次第。


じゃあどういう悪ふざけが好きなのか、と言われたら、

YMCA

こういう系統が大好物です。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/735-82b8c545
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。