弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

雲中模索

四国カルストは雲の中。

雲の中の牛

一泊二日したわけだが、終日こんな感じでしたよ。
視界は5mほどしかなく、車の運転は困難を極めた。
ある意味で高原・高地を満喫した次第。
雲を見上げたり、雲を見下ろすことはあっても、雲の真っ只中に滞在・一泊するというのはなかなか無いよね。
そういうポジティブ・シンキング。
ウッセハゲ。

県境

泊まったホテルの窓からは、県境の境界線が。
ちなみに泊まった部屋は愛媛県、隣の部屋は高知県でしたよ。
だからどうしたってわけでもないんだが、そして特に理由もないんだが、県境ってこうやってライン引かれると、妙に興奮するよね。

するよね。

その後に檮原を少し観光。
坂本龍馬が脱藩前に参ったという三島神社にも寄った。
神社に繋がる橋はなかなか趣があり、さらに神社自身がまったく龍馬龍馬してなかったのが、逆に好感が持てた。
ただただ、ふっつ~の神社だったからね。

いやホメてんだよ。

ホントだって。

結局、四万十川での川遊びは断念して、愛媛の科学博物館で遊んで帰った。
科博はなかなか面白かったが、今回の旅で一番印象に残ったのは、
高速道路のSAで入ったトイレの小便器に書かれていたラクガキ。

覚えたて・習いたてであろうと思われる筆記体で、「coffee」

これまでの便所のラクガキを超越する、まったく新しい方向性のものだ。
用を足しながら、思わず「カァフィ」と正しく発音してしまった。

うん、まぁ、なんだ、アレだ、一つ言えるのは、
四国カルストのような高原地帯にいると、政治とか国際情勢とか、心の底からどうでもよくなるんだ、ほんと。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/739-3aff1add
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。