弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

蝶と蛾

出勤で車に乗ろうとしたら、駐車場で「トンボに捕まった蛾」という構図を目撃した。
もう、絵に描いたような鷲掴みである。トンボのくせに。

で、そういや先日、うちの庭で「カマキリに捕まった蛾」という構図を目撃したのを思い出した。
捕獲には向いてなさそうに見えるカマでガッと捕まえられて、ムシャムシャやられていた。

ここでふと思い当たる。
蛾の鱗粉って毒があるんじゃなかったのか。
トンボもカマキリも、鱗粉おかまいなしにムシャムシャやっていたが、
それでは鱗粉の毒は何に対しての毒だというのか。

で、調べてみた。
結論から言うと、鱗粉には毒などないようだ。

なんだよそれ。
モスラは鱗粉でゴジラを苦しめていたじゃないか。
ポケモンに出てくる蛾は、毒鱗粉を撒き散らして敵を攻撃していたじゃないか。

鱗粉ってのは、雨なんかに濡れた時に水をはじく役割があるんだそうだ。

なるほど、古くはモスラ、最近ではポケモンのせいで、子供達は蛾についてあらぬ偏見を持ってしまっているのだな。
蛾にとってはたまったものではないだろう。
世間一般、蝶はあれだけ好かれるのに、蛾の扱いったらない。

実際、蝶と蛾の区別は、学術上は一応の決まりがあるようだが、例外も数多く存在し、その区別にはもはやあまり意味がないらしい。
地味で胴が太くて夜飛んでいたら蛾、というのは偏見に近いのだという。

サツマニシキ
サツマニシキ
ツバメガ
ツバメガ

キレイだろ、こいつら、蛾なんだぜ。

ちなみに件のトンボとカマキリに捕まってムシャムシャやられていたのはコイツ。
セセリチョウ
コイツ、蛾かと思ったら「セセリチョウ」っていう立派な蝶だったよ。

オジサンもう、蝶と蛾がわからないよ。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/758-613c71f8
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。