弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

ジェニー・ハニヴァー

ジェニー・ハニヴァー

ジェニー・ハニヴァー (Jenny Haniver)
学名:スカティナ・スカティナ

ヨーロッパ、主にオランダ、ベルギー近海に生息していると言われる水棲生物。
1553年、フランスの博物学者ピエール・ブロンがその著書で初めて公開。

長く扁平な体に悪魔(人間の想像する)のような顔、人間の手足のようなヒレ、長い尻尾。
その風体は、どことなく宇宙人のようでもあるが、16世紀当時に宇宙人という概念があったのかどうか。

ジェニー・ハニヴァーと呼ばれるようになるのはもっと後のことで、当時はデビルフィッシュなんて言われて恐れられていたようで、今風に言えばUMAの一種。

エイのようにヒラヒラ泳ぐのかと思ったら、実は上の写真のように立ち泳ぎだったというから驚愕だ。
海中で遭遇したらパニックになること必至だ。

------------------------------------
ま、そういう設定の、人工物である。
見る人が見たらわかると思うが、ガンギエイを加工し、干物にしたものである。

16世紀は驚異の部屋の最盛期であるが、そんな中のジェニー・ハニバーの流行は、目に浮かぶようだ。
当時の驚異の部屋における、マストアイテムの1つと言っていいだろう。

その後すぐ、人魚のミイラが大量に輸入されるようになり、ジェニー・ハニヴァーの流行もあっけなく過ぎ去ったようだが、この人魚のミイラ、ほとんどが日本製だというのも非常に興味深い。

現在アメリカやヨーロッパの博物館に展示されている人魚のミイラは、ほぼMade in Japanという事実。
ま、それはまた別のお話。

このジェニー・ハニヴァー、海外の土産物屋なんかで買えるようだが、なにをなにを、日本でも買える。
新潟県の寺泊漁港で普通に販売されているらしい。
ということは、探せばネットでも必ず買えるというものだ。

で、やっぱりあったので買った。

ジェニー・ハニヴァー2

ワニの入江さんの話で、「もう剥製は増やさない」って書いたけれど、これは干物なのでセーフです。
誰に言い訳してるんでしょうね。

なかなかイヤラシイ表情をしていて、個人的には満足である。
新入社員のOLを遠巻きに品定めする課長代理、という感じだ。

上質なガラスドームなんかに入れれば、驚異の部屋的にかなり見栄えするのだろうが、
ダメだ、第一印象が課長代理だったんだもの。
課長代理がガラスドーム入ったって、ラブホテルの風呂にしか見えないだろう。

命名:柳田課長代理


エイの干物なので、近くでくんくんすると臭う。
柳田課長代理、近くでくんくんすると、臭う。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/771-9a2c9105
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。