弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

クルトガ

男子たるもの文房具に萌えないでどうするか。

「ペンなんて書けりゃなんでもいいんだよ」
なんてドライな理系発言するやつはダメだ。
そんなことではダメだ。

同じ¥100のボールペンでも、千差万別の個性を持っている。
その中から自分に最適の1本を見つける喜び。

そ、高けりゃいいってもんでもないんだよ。
現場仕事で何万円もする万年筆使うのは、いくらこだわりと言っても、バカだ。
というか、あまり一緒に仕事したいタイプではない。
そこは¥100のペンでいいだろう。
でも、その¥100のペンを、本気で選ぶのだ。

ええいうるさいうるさい、「一緒に仕事したくねぇ」とか言うな。

クルトガ

ものすごく久しぶりに、シャープペンシルを購入した。
ウワサの「クルトガ」だ。
書いてるだけで、勝手に芯が回転し片減りしない、という画期的な商品だ。

ナイス企業努力だ。
こういう方向の進化は大好物である。
まあ、「今更クルトガかよ」というのは認めるが。

だって、この前に使っていたシャーペンだって、当時厳選に厳選を重ねて選定した物だった。
クルトガが出た当時、当然気にはなったが、それだけで買い替えるようなことはしない。
やっぱりすごく愛着もあったし。
今回、それがダメになってしまったので、ようやく購入した次第。

握った感じや使い勝手はまあ満足だが、デザインはイマイチだ。
樹脂樹脂した外観はどうしてもチープである。
「クルトガ機構」部分を、スケルトン状にして見えるようにしているのも気に入らない。
透明樹脂がやれやれだ。

上位機種のクルトガ1000というのが、名の通り千円で販売されているが、
今回購入したエントリーモデルが¥450という、なかなか強気な設定であるのも気に入らない。
個人的には¥320程度が適切ではないかと踏んでいる。

あれ、いや、うん、褒めようと思って書き出したんだけどさぁ。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/780-0a74bb8f
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。