弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

95%の一般人とて

ちょっと野暮用で、イスラエル・パレスチナ紛争の事を調べていた。
「宗教って」とか「政治的に」とか「結局は」なんて今更言うつもりはない。
色々と思うところはあったが、何よりも改めて思い知ったのは、
「自分は今現在、死にたくないのだ」
ということ。

幸福度が高いからとか、環境に恵まれているとか、そういう卑近な理由ではなく、
もっと根本的な、それは紛争に巻き込まれる一般人とまったく同じものだという確信。
生物の根幹。

イスラエルやパレスチナと日本を比べると、それこそ840°くらい世界観が違うのだろう。
そのせいで、「なんか、別にいつ死んでもいいや」みたいな、
「必死になって生きたいとか、どうかと思う」みたいな、
馬鹿馬鹿しい中2的発想が脳裏をよぎったりする瞬間があるが、
それこそ上記で述べた卑近な例に絆された具体例ではないだろうか。

「死にたくない理由」を挙げろと言われれば、特に考えなくてもほいほいと幾つか出てくる。
だが逆に、「生きる理由」を挙げろと言われたら、ちょっと躊躇ってしまう。

でもさ、「死にたくない理由」はすなわち「生きる理由」だよな。

だよな。


とりあえず、明日また歯を抜く。

マガフ6
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/834-ce2abdb7
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。