弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

減ったら足す

「開店以来」と打とうとして変換したら、「回転依頼」になった。
どこに依頼するんだよ、と一人大笑いした午前2時半。

で、開店以来、継ぎ足しながら使っている秘伝のタレというのがある。
おでんのダシなんかもそうだ。
賛否はあろうが、個人的には火さえ通ってれば別にいいんじゃね派である。
そこまで潔癖ではない。

薬品の製造でも、大量に作る場合には、母液(主には溶媒のこと)をサイクルさせて使用することが多い。
この場合でも、減ったら追加し、品質が悪くなれば総入替えする。

タレ、ダシ、母液やらをサイクルする際、「減ったら足す」ということをしている。
そうやって濃くなりすぎるのを回避し、また適切な量を維持しているのだ。

そこでふと思い当たった。
最も身近でサイクルして使用しているものを。

「血」だ。

もちろん身体の代謝機能として定期的に血は生産されているはずだが、
これを意図して行う事が出来れば、ずっと新鮮な血液が循環できるのではないか。
血液を生産する能力は身体に備わっている。
あとは、意図的に血液を減らしてやれば、自動的に新しい血液が生産され、体内に補充される。
それを社会的にも有意義な手段で行えるのが、「献血」である。

「献血をしましょう!」というパンフレットにこういう感じで書いてあったら、客足は伸びるのではないか。

少なくともワタクシは行く。
もう十年近く行ってないけど、行く。

献血
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/847-84e21781
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。