弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

メガネと塩

メガネ男子が流行らしい。

別に視力悪くないのに、伊達メガネしたりするのだ。
こういう人はほぼ例外なく、ジョニー・デップが好きだろう。

個人的には、伊達メガネというのは「スイカに塩」と同じだと思っている。
ちなみにワタクシは、スイカに塩をかける人とは仲良くできない。

「甘みが引き立つ」とか言ってるやつは、味覚障害としか思えない。
「甘くて塩辛い、ただそれだけ」というのがワタクシの感想。

メガネというのは、これまで「野暮ったいもの」というイメージであったはずだ。
せっかく整った顔に、わざわざ野暮ったいメガネをかけるというのは、
甘くておいしいスイカに、真逆の味をプラスするのと同じだ。

それで元々の「整った顔」が引き立つかというと、そんなことはない。
「整ってはいるが、野暮ったい」という感想になる。

メガネに魅力を感じる人の意見に、
「メガネを外したときのギャップ」
というのがあるらしい。

やっぱりメガネではなく、その素顔が好きなんじゃないか、
じゃあメガネいらないじゃん、とは言わない。

メガネから素顔、という落差が必要なのだというのは理解できる。
醜いメガネ姿を長時間見ているからこその、メガネを外した時の素顔にやられるのだ。
ただ重要なのは、キミは向井理や佐藤健ではない、ということだ。
せいぜい北の将軍様にならないよ


醜いとか言っちゃったから、もうやめようか。

メガネ
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/858-c6f60ce2
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。