弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

三大奇書 #2 「鼻行類」

現代の生物系三大奇書、まずはこれ。

鼻行類1

「鼻行類」だ。

南太平洋に浮かぶハイアイアイ群島。
閉塞した環境で独自の進化を遂げた生物、それが鼻行類である。

鼻行類は鼻を歩行や補食に使う。
滑りやすいハイアイアイ群島で、鼻で体を支えたことから進化したのではないかとされている。
また、鼻の進化も多種多様で、粘着力のある鼻汁で肴を釣り上げたりする鼻行類も確認されている。

鼻行類2



まあ、その道のプロが本気で嘘を書くんだから、そのリアリティは半端ではない。
そういうのを楽しむ本だ。
古い詩の引用から始まって、核実験による島の滅亡(これにより鼻行類は絶滅)という結末までを学術論文という形でまとめているが、その展開はそこらの映画にも引けを取らない。

面白いのは、ホンモノの学術書の中で鼻行類が取り上げられ、(それが虚構であることには一切触れず)「鼻行類の標本がない為にその存在を証明することができず残念だ」という話を大真面目にしたり、とある博物館で一時展示されていた鼻行類の剥製(もちろん作り物)について「その時に解剖を依頼すればよかった」と悔やんだりしている、というエピソードがある。

昨今のお笑い芸人達の押しつけがましい「内輪ノリ」にはウンザリだが、鼻行類のような本当に自分たちだけで楽しんでいる「内輪ノリ」は大好きだ。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/903-a921cbb9
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。