弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

神の領域

『ES細胞で失明状態の患者2人の視力改善』

http://www.cnn.co.jp/fringe/30005384.html

簡単に説明すると、「人体のどんなパーツにもなれる細胞(ES細胞)」を使って、失明状態の人の網膜を再生したら、目が見えるようになったよ、やったね!
ということだ。

これはスゴイ。もう手放しにスゴイ。
ここから実用化に向けて、加速度的に研究が進むだろう。
今回は失明だったが、「人体のどんなパーツにもなれる」んだから、アレにもコレにも使えそうだ。
30年後とかには、成人病ってなんだっけ?という時代が来ているかもしれない。

でもこうなってくると必ず出てくるのがアンチな人たちだ。
「神の領域に踏み込むべきではない」
なんて斜め上の意見を自信満々に振りかざして抗議するのだ。
こういう人たちにとって、自分に理解できない範囲の事象は全て「神の領域」なのだ。
神に祈って失明が治癒すればいいのだけれどねぇ。

「命の価値が変わる」という意見もある。
今回の技術が一般に広く普及したところで、おそらく命の価値は変わらないとは思うが、
この場合の「価値」がどういった意味で使われているのかわからないのでなんとも言えない。
現状、人の命が平等であるとでも思っているのだろうか。

いまさら銃を規制したって、規制に従うのは善良な市民だけ、悪人は規制されたって銃を使う。
だから銃の規制には意味がないし、だから自分たちは銃を持つ。

そういう人たちの言う「価値」とは。

神の領域
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/912-adea6239
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。