弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

高岡銅器 香炉

さて、何人の人がメタミドホスを覚えているだろうか。



やあ、いいものを手に入れた。

高岡銅器 香炉

富山県の伝統工芸品に指定されている、「高岡銅器」の香炉だ。
ああ、ついに骨董にまで手を染めてしまったのか四猫庵。
いやいや、現代の品です。
骨董品の何が気に入らないかって、実用品を実用せずに飾っちゃうところが気に入らない。
皿とかツボとかさ。

コレは香炉なんだから香炉として使うよ、使い倒すよハゲ、という次第。
床の間に飾ってる場合じゃねぇぞ。

しかし、なかなかシュッとしたデザインで、気に入っている。
青銅の色もいいし、狛犬もキュートだ。
こらそこ、本体の模様はプテラノドンではない!
折り鶴っぽい鶴だ!

で、香炉の使い方なんて全く知らなかったわけだが、
調べてみたらにんともかんとも、「へぇ~」の連続だった。

ワタクシがこれまで「お香」に持っていたイメージは、
「たいして疲れてもないOLが疲れを癒すという名目で焚くもの(主にラベンダー)」
「バリとかタイとかのアジア好きOLが、鼻が曲がるほど部屋に充満させるもの(飼い犬が可哀想)」
というものだった。

今回、考えを改めました。
正しい「香」というのは、とてもいいものだ。

で、なんで驚異の部屋で香炉なのかという話だが、よし、続け。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/917-7acb2df1
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。