弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

バカーボン

というわけで、蔵書票の製作に取りかかった。

これまでの版画は全てエッシャーの模写だったので、イチからデザインするのは初めてだ。
己のセンスのなさに辟易しながら、既存のものを組み合わせてイメージを膨らませていく。
まあ、パクリのパクリみたいなものだ。始まりはそんなもんでいいんだよ、うん。

とりあえず、本のイメージに合わせたデザインの蔵書票を作ると決めた。
まずは、最近増えている植物系の本に合うものから制作する。
苔や多肉植物の本、牧野博士の植物辞典なんかに貼るやつだ。
それを踏まえ、且つヴンダーなテーマといえば。

思い浮かんだのは「キノコ」だ。これは実にヴンダーマスト(造語)な選択だ。
で、キノコですぐ思いついたのが、これ。

エッシャーのキノコ

そう、これはいずれ彫ることになるであろう、24の寓意画の16番(だっけ?)だ。
まあ、練習も兼ねて蔵書票としてデザインしてみよう、と。

イチからデザインをする場合、必要になるのがトレーシングペーパーとカーボン紙。
いや、自由自在にイラストレータを操れるのなら必要ないのだけれど。
これは近いうちに嫁に教えてもらうとして。
近所にある画材屋に行けば確実にあるが、試しに¥100ショップへ行ってみた。

あるじゃん。やるじゃん。最近の¥100ショップは何でもあるな。

しかし。
意気揚々と使ってみると、なんか転写できない。
まったくできないのなら板が悪いとか理由も判断できるが、
絵がかすれる感じで、写るところと写らないところがある。

¥100クオリティということか?
カーボン紙が悪いという判断でいいのか?
とりあえず高いやつ買ってみる・・・ということしかできない。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/935-e6ce5076
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。