弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

怒鳴りアピール

鳥足

おいしいと評判の鳥足を食べに行った。

店内はお世辞にもきれいとは言えないが、まあ汚いとも言い切れない感じ。
有名人のサイン色紙がたくさん飾られている。お、モト冬樹。
内装に使用されている石膏ボードのような壁には、一面にたくさんの落書き。
ここで鳥足を食べた客が感想を書いているようだ。
おおむね「おいしかった!」という書き込みで埋め尽くされている。

厨房がセンターにあり、そこを取り囲むようにカウンター席があり、
さらにそれを囲むように座敷席がある。
どこに座っても厨房の様子は丸見えだ。
大将とおぼしきスキンヘッドのおっちゃんが、炭火でもくもくと鳥足を焼いている。
その横では店員であろうおっちゃん(大将よりは若そうだ)がサポートしている。

とりあえずビールと鳥足を注文。
親と若(ひな)を1本ずつ。焼けるまで30分はかかるだろう。
そんなことは百も承知なので、他のアテでビールを飲みながら気長に待つ。

と、突然、店内に大将の怒号が響いた。
サポートのおっちゃんが鳥足を焼いていたのだが、
どうやらその焼き方が気に入らなかったようだ。
「それじゃダメだって、何回言ったらわかるんだ!」と大将は怒鳴る。
その怒号を黙って受け止め、懸命に鳥を焼き続けるおっちゃん。

やれやれ。
ワタクシは、客の前で店員を叱りつける店は好きではない。
というか、世間一般、そういう店が好きな人はあまりいないと思う。

居たたまれない気持ちになると同時に、
その怒号はただの勘違いしたアピールではないのかという懐疑に苛まれる。

「オレはこだわりを持つ頑固オヤジだアピール」
「ちゃんと厳しく店員を教育してますよアピール」

やれやれ。

しばらくして出てきた鳥足は、まさにおっちゃんが怒られながら焼いたその鳥足だった。

えー。

「それじゃダメだ!」とか怒鳴ってたけど、客に出すんだ。

いや、おいしかったけどさ。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/940-168641f5
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。