弦楽器を製作しているはずです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

ノートゲルト

やあ、良いモノを手に入れた。

ノートゲルト1

やはり紙モノで恐縮なのだが、気軽に紹介できるのも紙モノの利点かと。

これは「ノートゲルト」という、ドイツで発行された緊急通貨。
第一次世界大戦から世界恐慌の時代、ドイツが強烈なインフレに陥った時に発行された紙幣。

1920年頃、インフレで何千万マルクという単位の紙幣が国から発行される中、
地方の町、村、自治体、企業等が紙幣を独自に発行するようになる。
(当時のドイツの法律では、1マルク以下のお金なら町村は自由に発行することができた)
これらは小銭代わりに使用されたが、国の発行するとんでもない桁の紙幣よりも、ずいぶんと価値が高かったよう。

地方ごとに相当数が発行されたようで、実際に何種類くらいあるのか把握している人はいないのでは、と言われている。
非常に凝ったデザインが多く、コレクターは世界中に存在するものの、切手とまでは言わないが、それに次ぐ程度の種類はあるようで、とてもじゃないが「コンプリート」を目指すような蒐集物ではない。

ノートゲルト3

↑ちなみに裏面。
裏もこのように凝ったデザインなので、普通にアルバムに綴じると裏面が楽しめず、悩むことになる。

ノートゲルト2

実際の風景がデザインされていることが多く、それで地方色を表現しているようだ。
蒐集家の中には、デザインされた風景を現地に赴いて探す、なんて人もいる。

ワタクシとしてはそこまではせずとも、せめてどこの地域で発行されたものかくらいは知りたい。
ドイツ語が読めれば分かるんだろうが、どうもなぁ。
文字も、なんかすげぇ凝ったフォントとか使ってて、読みにくいったらないし。
暇になったら解読してみようと思う。
関連記事
   21:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hrfmania.blog69.fc2.com/tb.php/965-b17d1878
プロフィール

四猫庵

Author:四猫庵
今月の格言
「カカンキンコン コンキンカカン」

カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。